So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

歌ってよ僕のために [パソコン]

世の中 iPhone X で騒いでいるようですが。
ワタシ的にはついこの間 iPhone 7 にしたばかりなのでそれほど食指は動かず。

それにしてもあの画面の上の切りかき、何なんでしょうね。
いや、カメラが入っているのはわかります。
でもね、動画とかできる限り大画面で見たいじゃないですか。
なのに画像が欠けちゃうとか、どうなんだろうね。

まいいや。
どうせ買わないし(笑)。
カミサンが買うにしても iPhone 8 ですね。



Siriも少しは変わったのでしょうか。
最近ワタシも Hey Siri をオンにして遊んでいます。
昔は電源をつないでいないと Hey Siri も有効にならなかったもんですが。(遠い目)
ディープラーニングのおかげか、昔と比べて結構賢くなったような気もします。
気がするだけなのがアレですが(汗)。

ではここで1曲歌っていただきましょう。

IMG_3152.PNG


タグ:iPhone siri
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

収穫の季節 [今を生きる]

「ぶどう収穫祭とワイン祭り」というものがあったので、息子と一緒に行ってきました。
カミサンは仕事、娘は図書館で受験勉強です。

収穫祭は2日続けてあり、行ったのは2日目。
毎年のことながらすごい人出でした。
聞くところによると1日目はもっと多くて、歩けないほど混みあってたらしいです。

IMG_3141.JPG

チケットを購入すると、ぶどう1房のもぎ取り券と、赤白ワイン各1本の引換券、景品が当たるくじ引きの参加券が付いてきます。
とりあえず出店でいろいろ食べて腹ごしらえ。
もちぶたステーキやら、ピザやら、豚のから揚げやら、おにぎりやら。
お腹が一息ついたところでいよいよ収穫開始。


収穫できるぶどうは、畑によって品種が違います。
ワタシたちがもぎ取りに行ったのは「ふじみのり」ってやつらしいです。
袋をかぶっていて良くわかりませんので、大きさとか重さを見ながら選び、これだ!と思う房にハサミを入れます。
畑によってはマスカットみたいな房のぶどうもありました。
そっちは粒が小さかったように見えましたね。

IMG_3142.JPG

さて、儀式が終了したところで。
今度はワインの引き換えに、ワイナリーへ行きました。
ついでにジェラートが食べたい、と言うので。

IMG_3144.JPG

上が「ばら」、下が「イタリアンバニラ」なるものです。
甘さすっきり。美味しかったです。

さて、このワイナリー。
雪室(ゆきむろ)があるんです。

IMG_3146.JPG

ガラスが光って…見えますかね、雪。
冬の間に積もった雪を保存しておいて、夏場の冷房に使うわけです。
雪室は、ただ冷やすだけでなく、湿度を高く保てるのが大きなメリット。
エアコンなんかで冷やすと湿度が下がってしまうので、ワインやお酒など熟成が必要な工程にはとても良い環境なんだそうです。
雪国の知恵、ですね。
そんな雪室を少し見学。


外は30度近い夏の気温でしたが、地下のワイン貯蔵庫前の温度計は9度を示していました。
涼しい、と言うか、じっとしていると寒い、そんな感じでした。

IMG_3145.JPG

さて、採るのも採ったし、もらう物ももらったし。
後は帰るだけか…といったところで。
南魚沼市のゆるきゃら「こめつぐ君」に遭遇。

IMG_3149.JPG

子供たちにも大人気でした。
そんな集団に混じって、こっそりお触りしてたことは秘密です。
もふもふーっ。

そんなこんなしているうちに、ちょうどお昼の時間になりました。
帰り際に目に付いたのが、冷やしぶっかけ肉うどん。

IMG_3151.JPG

お金がなくて1杯しか買えませんでした(汗)。
1杯のかけそば、ならぬ、1杯の肉うどん。
一口食べさせてもらいましたが、なかなか美味しかったです。
結局何だか食ってばかりでしたね。

おかげで、財布の中の残金は、なんと、51円!(笑)
収穫の季節…。お金のなる木はどこっ?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

閉校、閉校、また閉校 [育児]

IMG_3137.JPG

先日、息子の中学校で最後の運動会がありました。
そうです。最後の…。
息子の最後、ではなく、学校最後の、です。
実は、息子の通う中学校は、統合のため、今年度で閉校になります。

「統合のため閉校」

あー…昔よく聞いた言葉だよ。



思えば、近所の保育園が閉園になったのが2005年。
閉園当時、上の娘が年中さん。
統合した新しい保育園へ年長さんとして入りました。
娘が新しい園へ通ったのは1年間だけでした。

それから6年後の2011年。
今度は小学校が統合のため、閉校になりました。
その当時は、上の娘が5年生。下の息子が1年生。
新しい小学校へは、6年生と2年生からでした。
ここでも、娘が新しい学校へ通ったのは1年間だけ。

そしてさらに7年後の、来年2018年。
今度は、中学校が統合により閉校になります。
写真のとおり、校舎はまだ新しいんですけどね。
娘はもう卒業していますが、息子はただいま2年生。
来年は統合した中学校の3年生となります。
息子が新しい中学校に通うのは、またもや1年間だけです。

ウチの子供たちは、どこへ行っても統合と閉校に追いかけ回されるようです。
新しい校舎で良いじゃん、という見方もありますが、それよりもメンタル的な問題が心配なんです。親としては。
特に今回は高校受験の年。
環境が激変するのについていけるのだろうか?

家から学校までの距離が遠くなる、ということはまず手始め。
それよりなにより。
校舎も校章も校歌も教育目標も、制服も体操着も、そしておそらくほとんどの先生も変わってしまう。
新しい学校ともなればいろいろな行事も初めての開催なわけで、最上級生は準備やら段取りやらを、先生方と手探りで行うことになるはず。
受験生なのに大丈夫か…。うーむ。

今まで息子は、1年生、2年生と続けて学級委員長をやって(やらせられて?)きました。
来年新しい学校では人数が多くクラスも増えるため、経験者としてまた学級委員長をさせられるんじゃないかと、ワタシ的にはそんな予感がしています。
受験生なのに大丈夫か…。うーむ、うーむ。

こうなったら3年間とも委員長をやって、国立推薦狙いという手もありか?



関連記事:
 2005/03/02 『毎日がたまごやき
 2005/03/28 『さよならぼくたちのほいくえん
 2010/12/03 『爆笑玉入れ
 2010/12/03 『閉校記念
 2011/03/25 『さよなら。そして、ありがとう
 2011/11/13 『廃校舎と思い出
 2011/12/05 『廃校 Before After


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

夢の後に待っているのは悲しい現実 [車]

IMG_3136.JPG

ぴーーーーーーっ!

また出ました、エンジンオイル警告灯。
今年春のキャンパスツアーに参加した帰りに警告が出て、即行で1リットル補充したばかり。
いやまあ、あれからかなり走ったことは走りましたからね。

昨年11月に1リットル。
今年3月に1リットル。
そして5月に1リットル。
6月の12ヶ月点検時に1リットル。
さらに今回9月で1リットル。
このままだと年末までにもう1リットル必要かもね。



前回補充時のオドメーターがこれ
そして今回が92,064km。

10,824kmで1リットル消費したってことです。
これって多いのか少ないのか…?
よくよく調べると、Audiって5,000kmで約0.5リットル消費するのが通常のようですから、10,000kmで1リットルは正常なんですね。

普通だと1年点検とか車検とかでオイル交換や補充をしてしまうので、警告灯が点くところを目にすることもないのでしょうが、ワタシみたいに長距離乗るような場合は気をつけないといけませんね。
また予備のオイルを買っておかなくっちゃ。



現在、新車時から丸4年と1ヶ月=49ヶ月。
走行距離が92,064kmですから、月平均で1,878.9kmです。
この調子で走った場合、次の車検前にはもう100,000km超えますね。
次の車検前どころかあと4ヶ月で大台超えます。
ワタシのクルマ人生、こんなにハイペースで走った車は今までにありません。
走ってて楽しい!とか、気持ちいい!とかはないけど、気遣いなく気楽に乗れる、良き相棒、といったところでしょうか。

Audiもタイミングベルトとか交換が必要になるのかな?
それより冬までタイヤがもたないかもね。
いずれにしても高い出費が待ち受けていそうです(泣)。


関連記事:
 2014/02/04 『あっという間に大台突破
 2014/10/28 『少しは自重しなさいよ
 2016/02/14 『全然自重してないし
 2016/08/05 『自重した…か?
 2016/09/25 『結論。自重などするもんか:笑
 2016/11/12 『Q5冬支度
 2017/05/26 『案の定記録更新


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

合格祈願 [育児]

今まで何度か登山記事を書いてきました。

・下見登山 『故障続きの夏2
・足慣らし1回目 『ムサシ登る
・足慣らし2回目 『ムサシ、ふたたび

そして、いよいよ本番です。
すべてはこの日のため。
今回は、前日に近くの神社でご祈祷した合格祈願の柱を持っての登山となります。
ま、実際に柱を運ぶのは体力に自信のある方々なので、ワタシはついて登るだけなんですけどね(汗)。
問題のないように、以下、すべて人物抜きの写真で失礼します…。



前日に台風15号が本州をかすめて行ったので、天候が心配でした。
でも、当日は朝からいい天気で、湿度も低く、寒いくらいの朝となりました。

最終的には、いろいろな人からの助言や、今までの数少ない経験から、以下のようにしました。

・下りでは足がトレッキングシューズ内で遊ぶので靴下を2枚履く。
・汗をかく方なので水分を多めに持つ。
・おにぎりの他にアミノ酸入りゼリーを多く持っていく。
・脳貧血を起こしやすいのでスポーツタイツを履く。
・ザックを下ろさずに水分補給できるように、ペットボトルケースをザックの肩紐につける。
・ストックは2本持つ。
・岩場の登り用に滑り止め加工付き軍手を持つ。


準備万端で挑んだ結果…。

IMG_3106.jpg

いやぁ〜、ばっちりでした!
グループの先頭が結構歩きなれたかただったこと。
湿度が低く下見登山の時のように蒸し暑くなかったこと。
いろいろと要因があるとは思いますが、今までの登山とは比べ物にならないほど、身体は楽でした。
数少ない足慣らし登山も少しは効いているかもしれません。

今回は、登りからもう、周りの景色を楽しんだり、写真を撮ったりするほどの余裕がありました。
とても楽しかったです。

IMG_3119.jpg
(クリックで拡大)

この本番の登山は、合格祈願が主たる目的。
参加者は、受験生とその保護者、学校の先生と、総勢200名となりました。
毎年のことですが、あんまり多いので一般の登山客には迷惑をかけますね。
足場の悪いところで登り降りがすれ違う際などは渋滞を起こします。

「今日は何ですか?」
「皆さん何の団体ですか?」

そんな感じで聞いてくる人も多かったです。
今年の一般登山客は我慢強い方が多かったのか、大きな混乱はありませんでした。
ただ、過去には怒鳴られたなんてこともあったそうです。

「学校行事なら平日にやれ〜っ!(怒)」

ま、確かに一理ありますね。

IMG_3124.jpg

とにもかくにも、特に事故もなく、全員が無事に帰ってきました。
なんだかんだ言ってもそれが一番ですね。
良い合格祈願ができました。

登山の翌日からすでに、両腿に筋肉痛が出ています。
まだまだ若いということか?
それとも2週間前の足慣らし時の筋肉痛なのか?
微妙なところです(笑)。


タグ:登山
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ムサシ、ふたたび [今を生きる]

IMG_3068.JPG

二週続けてになりましたが、また例の山に登ってきました。
今回は、本番で登る山が山頂までちゃんと見えました。

IMG_3070.JPG

…うーん、大丈夫かなぁ。
皆さんに迷惑かけないか、とっても心配だわ。

二度目ということで、今回は少しは慣れて所要時間が縮まると思いましたが、何のことはない、全然まったくさっぱり早くはなりませんでした。
登るのに1時間半、降りるのに1時間。
登りの後半は10歩歩くごとに休む始末。
我ながら情けないです。

その割には筋肉痛とかならないんですけどね。
それより何より、息が上がってしまって…。

あと、目がくらむ、というか、ちょうど貧血というか、立ちくらみみたいな感じ?が良くあります。
息を整えようとして少しの時間しゃがんだり、ストックにもたれて前かがみになった後、さあ頑張って歩こうと背筋を伸ばすと、すぅっと頭から血の気が引いて、目の前が真っ白になったりします。
しばらく身を固めていると直るんですが。

実はこの症状って以前からありました。
今はまったくと言っていいほどお酒を呑まなくなったのですが、昔呑み会に出て呑めないお酒を無理して呑んでいた頃。
席を立ちトイレに行って用をたしていると高い確率でなりましたね。
今この状態で倒れたらちょっと恥ずかしいぞ!と思い、頑張って踏ん張って何とか踏みとどまっていました。



何だろうこの症状は?と改めて思い、ググッてみると…。

「脳貧血」あるいは「起立性低血圧」

そうなんだ…。
やっぱり立ちくらみなんですね。
急に立ち上がったりした時に、血液が脳へ回らなくなり、酸素が欠乏する、ということですね。
昔からよくあるってことは、なりやすい体質、ってことなんでしょうかね。


ついでに対処方法を調べると…。

「水分補給」
「弾性ストッキングを履く」

登山に限ると、これくらいでしょうか。


「水分補給」についてですが。
今までペットボトルはザックの横のポケットに挿していました。
ただこれだと、ちょこっと水分補給するのに、いちいちザックを下ろさないとペットボトルが取れないんです。
それはここ何回かの登山で毎回気になっていたところでした。
それで本番の登山では、ペットボトルはホルダーに入れて、ザックの肩紐の前側にぶら下げることにしました。
これで歩きながらでも水分補給ができます。

それから「弾性ストッキング」。
思い切って「スポーツタイツ」なるものを購入しました。
本番ではこれを履いて登ろうと思います。
それにしても高いっすねっこれ。
いや、安めのものもあるにはあるのですが。
実際に使っている人の話を聞いてみると、筋肉をサポートするタイプのが結構有効なんだそうです。
皆さんそう言いますね。
ただ、値段が高い、ってのも皆さん言いますが(汗)。
まぁ背に腹はかえられず、コイツに頼ってみることにします。





ということで。
本番の登山に向けて準備万端整いました。
あとは体調を整えて、待つだけです。

がんばるぞーっ!おーっ!!


関連記事:
 2017/08/13 『故障続きの夏2
 2017/08/20 『ムサシ登る

IMG_3071.JPG


タグ:登山
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムサシ登る [今を生きる]

このあいだの下見登山では、とてもとてもワタシの体力では難しそうだ、ということがよくわかりました。

下見登山のあと、体調を崩して会社を何日か休みました。
そのせいで、役員からは「登山禁止令」が出される始末(笑)。
いや、でも登りますよ本番は。

そこで、トレーニングではないですが、足慣らしに近くの山に登ってきました。
標高634m。東京スカイツリーと同じ高さのこの山。
本番の山よりは全然低いですけど、ロープウェイの標高分を差し引くと、歩いて登る高さはだいたい同じくらいだと思います。
ただ、山道はだいぶ整備されていて歩き易いのと、木陰が少なく晴れているとかなり暑い。
差し引きして、本番より多少楽、といったところでしょうか。
足慣らしにはもってこいです。

前回の下見登山では頂上(正確には九合目)まで2時間かかりました。
今回は1時間…は無理にしても、1時間半は切りたいところ。

地元の人は走って登る人もいます。
朝昼晩と1日3回登る人もいるそうです。
そういう人は1時間なんか軽く切るんだろうな?
その体力を分けて欲しいよぉ〜。
なんて泣き言を言いながらも、休み休み歩いて、なんとか頂上に着きました。

IMG_3042.jpg

ずっと向こうの、雲を被っている山が本番の山です。
うっすらスキー場も見えますね。
あれがいつものスキー場です。
スキー場の上端がロープウェイの山頂駅なので、そこから上の、本番の登山で歩くあたりは、ちょうど雲の中で見えませんでした。
残念〜。



さて所要時間はどうだったかというと…。

いや〜。無理でした。
実測、1時間35分でした!惜しいっ。
ま、久しぶりだしね。
でもこのまま続けて体力がつけば少しはいけるんじゃ?って手応えがありました。
本番まであと2週間。
なんとかして体力をつけたいところです。

がんばろっ。

IMG_3035.jpg



関連記事:
 2017/08/13 『故障続きの夏2


タグ:登山
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

オープンキャンパス。再びさらに西へ [育児]

3日間で2,000km弱を走ってきた後、1日置いてまた今度は西へ向かいます。
ここは春に行ってきたところ。
春はオープンキャンパスではなく、キャンパスツアーといって主な建物をめぐって紹介するという企画でした。
その時は夏のオープンキャンパスには予定がつかなくてあきらめていました。
が、夏になる前にいろいろ予定を組んでいくと、なんとか参加できそうだぞ?ということになり、少し大変ではありますがこの際オープンキャンパスに行ってみようとなりました。



前回はワタシと娘だけでしたが、今回はカミサンも息子も行きたいっとのことで、これまた家族旅行状態です。
折しもあの台風5号が通り過ぎた後。
西日本は結構大変な被害が報道されていたので、出発直前まで道路状況をネットで調べていました。
いろんなサイトを見てみると目的地までの道路には特に問題なさそう。
でも一応念のために予定を3時間ほど早めて、余裕を持って出かけることにしました。



途中のSAで朝食をとり大学近くまでは予定どおり。
さてどこか駐車場は空いてないかな?
空いてないかな?…空いて…ない…。まじか。
駐車場を探してあっちへこっちへウロウロ。
なんとか空きを見つけて停められました。ほっ。

予約した説明会は午後からなので、それまでは個人的にキャンパス内を散策。
春に来たことがあるワタシと娘が案内人です。

IMG_2979.jpg

この大学は本当に建物が素晴らしい。
どこの建物も趣があって、そして綺麗。

IMG_2984.jpg

綺麗なのは建物だけじゃなくて景色も素敵。

IMG_2992.jpg

高低差の大きいこの大学。
暑さも相まって、しばらく歩くと汗だくに。
そんな時は…生協に寄って土産物を物色〜。
いやぁ涼しい涼しい。

その後は学食でお昼を食べて。
午後からは学校説明会やら学部説明会に参加です。
会場では高校生を前詰めで座らせて、保護者等は後ろの方に分かれて座りました。

学校でも普段からそうなのですが、「何か質問は?」と聞かれると必ず手を挙げるウチの娘。
家族からは斬り込み隊長と呼ばれております(笑)。

「何か質問はありますか?」

きたきた。
手を挙げるぞ、手を挙げるぞ〜と、後ろの方から見ていると。

「はい」

キターーーーーッ!
やっぱりな〜(笑)。
今回は質問タイムだけでなく、説明会終了後にも教授陣を捕まえてはガンガン質問している娘でした。
何か琴線に触れるところがあったのかな?
ならばきた甲斐があったということだわ。よしよし。



そんな大質問大会が終わった後、ワタシと娘がもう一度見たいと思っていた場所、図書館へ。
勝手知ったる…と歩き出したは良いが、着いてみると何か違う…。
司書の方に聞いてみると違う図書館でした(汗)。
慌てて他の図書館に向かうも、また間違い(滝汗)。
よくよく場所を聞いてから再スタート。

高低差のあるキャンパスを上がったり下がったり。
いい加減カミサンがバテてきて、もう見なくても良いよ〜と弱気になるも、後もう少しだから〜!と励ましながら、なんとかこうとかお目当ての図書館に入ることができました。
写真に撮りたかったんですが、お勉強中の学生さんがいらしたので遠慮しましたけど、ここの大閲覧室、素晴らしいんです。
カミサンがグロッキーだったこともあり、大閲覧室の雰囲気に浸りながら、ここで小一時間休んでいました。

カミサンの顔に生気が戻ってきたところで、帰りましょうということに。
本来なら、これから美味しいものを食べに行く予定になっていたのですが、カミサンの体調もあり諦めました。
息子は最後まで行きたがってましたけど、また今度、ということで。
また今度があるのかないのか…。
それは娘次第ですね。



さてさて帰ってみると。

IMG_2998.jpg

走行距離は1,300kmとなりました。
先日の北紀行と合わせると、なんと3,300km。
あいだ1日インターバルがあるので、正味4日間で3,300kmですから、1日の走行距離は平均825km。
いや〜、よく走りましたね〜。
これでもかってくらい走りましたね。

せっかくの遠出なのに景色も観光もほとんどなし。
車中では家族のみんなは寝てばかり。
それでも。
とりあえずクルマを運転してたら機嫌がいい、というクルマバカなワタシ。
個人的にはとっても楽しい1週間でした。

今度は観光で長距離走りたいです。
ただ順調に行けば、来年から娘は一人暮らしだし、再来年は息子も寮暮らしになるはず。
もう家族そろって出かけることはないかもね(泣)。
さびしくなります。

そんなこんなで、最初で最後の家族旅行、として記事に残しておきます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

オープンキャンパス。さらに北へ [育児]

さて息子くんのオープンキャンパスが終了した、その翌日。
今度は娘のオープンキャンパスに出発です。
昨年は3日間で2,000kmを走ったオープンキャンパスでしたが、今年はどうなるか?
乞うご期待(笑)。



今回はこれまで以上に遠い。
なんせ海の向こうです(汗)。

飛行機とか新幹線とか、いろいろと方法はあるのですが、今回はカミサンも夏休み中の息子も一緒に行く〜ということで、ほとんど家族旅行ということになりました。
そうなると気になるのが費用。
交通費だけ考えると飛行機や新幹線でもいいのですが、行った先で荷物を持って歩くのが嫌。
ちょっと移動するのに車があったほうが便利だったりするので、レンタカーを借りると結局高くつく。
そんなこんなで車で行くことにしました。



IMG_2824.jpg

一応出発時に走行距離計を確認しときます。

朝6時ごろに出発。
関越自動車道を北上し、さらに日本海側を北へ北へと向かいます。
山形県、秋田県を通って、青森県まで。
青森からはフェリーです。

IMG_2840.jpg

実は、当日のホテル着が遅くなることが前からわかっていたので、フェリー乗船の待ち時間に念のためと思ってホテルに電話しました。

ワタシ「今日から2泊予約しているGEN11ですが、チェックインは21時半過ぎになると思います」

ところが、帰って来たのは驚くべき言葉でした。

ホテル「…ご宿泊は明日からじゃありませんでした?」

は?えっ、え〜〜〜っ?!!!
慌てて印刷してきた予約票を確認すると。
…たっ確かに明日の日付になってる!

やっばーっ!
やらかしてしまった…。どうしよう。
ホテルには平謝りして、1日前倒して泊まれないかお願いしたところ、なんとか予約変更が可能とコールバックがありました。
コールバックがきた時にはもう乗船した後で、どうなることかとヒヤヒヤもの。
もう後戻りはできないぞ〜。最悪は車中泊かな〜、なんて話をしていました。
とりあえず今日泊まる場所が決まったのでホッと一安心です。

IMG_2845.jpg

フェリーが接岸して、ターミナルから30分くらいでホテル到着。
ありがたいことに明後日分のキャンセル料は不要とのこと。
乗船前に買ったお菓子をお詫びのしるしということでフロントの方にお渡ししました。



さてさて海を渡ってからがまた遠い。
翌日も朝早く、まだ薄暗い4時に出発です。
途中何度もSAで休憩しました。

IMG_2869.jpg

北海道のあまりの広さにびっくり。
なんせ今日の目的地までは、東京〜新潟くらいの走行距離になります。
でもこの高速道路は関越自動車道と違い景色も単調。
行けども行けども同じ景色だと、なんとなく運転も疲れますね。



で、ようやくたどり着いたキャンパス。

IMG_2875.jpg

さすがにキャンパスもやっぱり広い。
チョー広いです。
ほとんど森の中に、建物がポツリポツリとある。
というか、建物が見えない〜(笑)。

IMG_2894.jpg

キャンパス内は時間がゆっくり流れているようでした。
のんびりしてるというか、ゆったりしてるというか、なかなかいい環境でしたね。
娘は予約してた体験ゼミに参加して、とても有意義な時間を過ごしたようです。
よかったよかった。無理してきた甲斐がありました。

帰りは台風5号とすれ違う形になるのでどうなることかと心配しましたが、台風は佐渡沖にそれたため、そんなにひどいことにならずに順調に帰ってこれました。



さてさて、帰ってきて気になるのはこれですね。

IMG_2963.jpg

ここまでの走行距離。
3日間で1,925kmでした。
もう少しで2,000kmの大台だったのにな。残念。
ちょっと寄り道してくればよかったかも?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

オープンキャンパス。またちょっと北へ [育児]

さてさて8月に入ると今年もオープンキャンパスの季節です。
今年はまず中学二年生の息子から。
来年の受験で第一志望としている学校のオープンキャンパスに行ってきました。

実は小学校六年生の時に、夏休みのイベント、サイエンスフェスタってのに行ったことがあります。
本当はオープンキャンパスに行きたかったのですが、さすがに小学生から参加することはできず、一般向けイベントでお茶を濁したというわけです。
そして昨年から、ようやくオープンキャンパス初参加。
小学生から今年で3年目。どんだけ第一志望なの?
去年の体験学習では、NCフライスを使ってキーホルダーを削り出してきましたね。
写真を載せたいところですが、自分の名前を彫りやがったので載せられません(汗)。



最初は全体の説明会からキャンパス内の見学。
その後、学生寮を見学して、そのまま寮の食堂でお昼ご飯を食べました。
定食が2種類あったのですが、どちらも税込380円。安っ!
ワタシはここの学校名物「油そば」。

IMG_2820.jpg

学校内外で大変な人気メニューだそうで、卒業生が時々食べに来るらしいです。
もう一つのメニューは、新潟名物「タレカツ丼」。
息子のチョイス。

IMG_2821.jpg

どちらもご飯と味噌汁が2種類ありました。
ご飯は白米とわかめご飯。汁物は味噌汁とスープの2種類。
さらにはこれらはビュッフェ方式で、お代わり自由なんです!
というか厨房にメニューを頼むときに「普通」「大盛り」の指定ができます。
そのうえ、ご飯と味噌汁、どれだけ追加で食べても税込380円!
さすが学生向け食堂!財布に優しいですね〜。

油そばはちょっと味濃いめでした。
そのままお湯を足してスープにできそう。
というか、その方が美味しそう?な感じでした。
(個人の感想です:汗)



ご飯を食べたあと、二人でしばらく教室を見学して周り、午後の予定まで時間をつぶします。
午後からは体験学習。
この学校のオープンキャンパスでは毎年いろんな体験学習があり、その中から希望するコースを申し込んで参加します。
今年、息子は電子制御系のコースを選択しました。
ワタシは保護者向け入試説明会に参加していたので一緒ではありません。
後で様子を聞いたのですが、息子が参加したコースでは総勢20人ほどだった模様。

体験学習では、レゴロボットのプログラミングをしてたようです。
ライントレースカーという、黒い線で書いたコースに沿って車を走らせるやつで、いろいろなパラメーターを変更していかに早くコースをまわれるか?ということを、他の参加者と競う体験学習だったそうです。
走行コースは、初級コース、上級コース、スペシャルコースに分かれていて、自分で好きなコースに挑戦できる、というもので、息子は初っ端からスペシャルコース一択で挑戦し続けていたとのこと。
最終結果では、息子は2位に50秒ほどの差をつけて、ぶっちぎりの1位だったそうです。
お〜!すげ〜じゃん!
見たかったなぁ。(親バカ)



「賞品とか何かもらった?」と聞いたところ…。

「拍手をもらった(笑)」


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
前の10件 | -
人気ブログランキングへ