So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

年始早々手痛い出費2 [車]

(続く:笑)が気になっておられるかた。
大変お待たせいたしました。
ようやく追いついてきました。
とはいえまだお正月の話題となっています(汗)。



お正月休みに甥っ子が遊びに来ました。
つうか、子供たちにお年玉を持ってきたというか。
ありがたいことです。

で、世間話をしてたところ、なにやら聞き捨てならない言葉が…。


甥っ子「来る時、道路にアンダーカバーが落ちてて、踏みそうになったよ」

ワタシ「えっ?」


この季節。
アンダーカバーを落とすといえば、ウチのAudiしかないじゃないですか!
(断言できるっ:笑)


ワタシ「それ、オレのかも…」

甥っ子「えっ?」


Q5のおなかをのぞいてみようと…。
いや、のぞくまでもなく…。
フロントのタイヤハウスの内張りが外れてるっ(汗)。

IMG_3626.jpg

あららら。
そうでしょうとも。
そしてタイヤハウス後端には何やらぶら下がってるし…。

IMG_3627.jpg

ちぎれたアンダーカバーの残骸。
あららら。
やっぱりね。
期待を胸に(笑)おそるおそるおなかをのぞいてみると。

IMG_3628.jpg

ま、毎年のことですから(棒)。



直そうか、直さずほおっておこうか。どうしよう。
ただ、直したところでまたすぐに落としちゃうんですよね。
でも直さないでおくと、前にみたいにチャコールキャニスターとか?が壊れてしまったりするし…。

そんな、ラリーカーみたいな走りをするわけじゃないんですがね。
冬になるとアンダーカバーを落とす。
もはや冬の風物詩といったところでしょうか?

はぁ…。
寒冷地仕様とかの半端なもんじゃなくて「豪雪地仕様」ってオプションが欲しいわぁ。
いっそのことステンレスかなんかでがっちりしたアンダーカバーを作ったらどうでしょうね。



息子がこれを見て一言。

「これじゃ(おなかが膨れた)シシャモ、じゃなくて(おなかを割いた)アジだな!(笑)」



関連記事:
2014/01/23 『雪にもいろいろありまして
2014/02/10 『走るシシャモはおなかをこわす
2014/02/19 『おなかをこわしたシシャモはたまごがいっぱい
2017/01/22 『シリンダーオンデマンド化Q5


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

桁上がり [車]

Q5新車購入から4年半。
ついにこの日がやってきました。
2回目の車検まで後半年を残しての快挙。…快挙?

一時は自重しようかと思ったこともあったとか、なかったとか。
結局、ペースは落ちることもなく、順調に伸びてきました。

ではごらんいただきましょう。
はい、どんっ!

IMG_3621.jpg


4年半で累計走行距離100,000km達成ですっ!
年間平均にして22,000km。
すごいなー、こんなにハイペースで走った車は初めてです。
今までだと年間15,000kmがせいぜいでした。

娘の高校入学に伴って送迎を始めたこともあるのかなぁ?
1日20kmだとしても年間7,300km増えるもんね。
おまけにこの車、遠出が多いしな(笑)。

そうそう年末にまたオイル1リットル追加しました。
こちらも順調です。

しかし例の件でA3修理の間、Q5はカミサンに取られていて、ワタシは代車生活。
実際に10万kmの大台に乗った瞬間は見れませんでした。
楽しみにしてたのになぁ、くーっ残念!



関連記事:
 2014/02/04 『あっという間に大台突破
 2014/10/28 『少しは自重しなさいよ
 2016/02/14 『全然自重してないし
 2016/08/05 『自重した…か?
 2016/09/25 『結論。自重などするもんか:笑
 2017/05/26 『案の定記録更新


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

娘の涙 [育児]

またまた過去記事で失礼します。


いよいよセンター試験に出発する三年生に向けて、壮行会が学校でありました。
ワタシも会社を抜け出して(汗)のぞきに行ってきました。

IMG_3618.JPG

校長先生のお話とか、下級生からの激励の言葉。
三年生の決意表明、校歌斉唱、など。

一通り、式が終わって、下級生が退場した後。
先生方から気合の入ったコールがありました。
とても力強く感動的なコールでした。
生徒さんたちも大声を出してすっきりした様子。
その後三年生が退場するのを見ていたら、娘が号泣しているのが目に入りました。

常日頃、淡々としてて、あまり感情を表に出さないウチの娘。
昔から大声を出して怒ったり泣きわめいたりしたことはありません。
その娘が、崩れ落ちそうになって泣いているのです。
思わず駆け寄りそうになりましたが、友達が横で支えてくれていたので、ここは父親よりも友達のほうがいいだろうと、何とか踏みとどまりました。


心配性な彼女。
最近ずっと「大丈夫かなぁ~」とか「やばいよ~」が口癖でした。
長い間気持ちが張り詰めていたのでしょう。
不安に押しつぶされそうな気持ちをずっと抑えてきたのが、先生方の熱いコールで心が揺さぶられて緊張の糸がプツンと切れたんですね。


親友に肩を抱かれながら教室に帰る娘の後ろから、少し距離をとって歩くワタシ。

「あ~良い友達にも恵まれて、良い高校生活だったんだなぁ」

とうれしく思いました。
生徒さんたち、先生方、皆さんに感謝、です。


その後、子供たちはいったん自習に戻ったのでワタシも会社に帰りました。
娘たちはこの日、そのまま試験会場近くのホテルに移動して前泊します。
悩んだ末、夜になってワタシのほうからLINEを送ってみました。

「いっぱい泣いて気が晴れたかな?今日は早く寝なよー落ち着いてやれば大丈夫!ホントだよ!」

しばらくしてから帰ってきたのが

「スッキリしました!明日と明後日、頑張ってきます」

という答え。
一度感情を開放したことで緊張が解け、逆に良かった気がしました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

合格祈願 [育児]

前記事で(続く)とか書いて何ですが、別記事です。
ネタがたまってるので順番にいきます。
ご容赦ください。



娘の学校は毎年、正月休みの最終日に餅つきを行います。
三年生の受験を応援する、と言うか、激励のためです。
志望校合格に向けて最後まで「ねばれ」ということですね。

ワタシも毎年お手伝いしていましたが、今年は例の件もあったので準備だけ手伝って、餅つきが始まるときには失礼してディーラーへ向かいました。
後で様子を聞く限りではいつものようにみんな楽しく餅をついてたようです。
ワタシも残っていたら保護者用のお餅をいただけたのですが残念でした。

IMG_3591.JPG


ここからセンター試験まで後10日です。
頑張ってめいっぱい粘ってほしいですね。

…なんて書いている今はもうすでにセンター試験終わってますケド(汗)。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

年始早々手痛い出費1 [車]

年末も押し迫った大晦日。
例の学習会場で監督してたワタシのところにLINEが。
見るとカミサンからです。


「…ごめんなさい。車庫入れで車のツノをシャッターに引っ掛けてしまった…」

あらららら。
A3やっちゃったのね〜。

「シャッターが歪んで、上まで上げられないので、とりあえず外に出してあります」

えっ?
どんだけ豪快にぶつけたの〜っ?
後は「申し訳ありません」スタンプの連続(笑)。


学習会が終わって急いで帰って見ると。

IMG_3560.jpg

アンテナがぼっこりと外れておりました。
シャッターのほうは押したり引いたり叩いたりしてなんとか開け閉めできるようになりましたが、さすがにアンテナは直せません。
とりあえずビニール袋をかぶせて養生テープでしっかりと止めました。
見た目をどうこう言っていられません。
水が入ったら内装まで修理になっちゃいますもんね。
ワタシも思いの外ダメージが大きかったのかビニール袋シーリング状態の写真を撮るのを忘れてました。
せっかくのblogネタだったのに〜(笑)。

正月休み明け早々ディーラーに電話して代車の予約を入れ、修理に持って行きました。
調査の結果、アンテナ交換だけで済んで欲しいとの願いもむなしく、ルーフの板金が必要とのこと。
サービスマンからは

「ルーフを板金修理すると、以後事故車扱いになっちゃうんですが、いいですか?」

いやいやいや。
良いも悪いもこのままってわけにはいかないでしょ〜。
というわけで年始早々、カミサンのA3は修理となりました(汗)。
もうすでに直ってきてますがね。

ただ金額が…。
これから娘の大学が決まれば入学金やら引越しやらで出費がかさむというタイミング。
この先大丈夫だろうか。(続く:笑)

タグ:修理 Audi A3
nice!(1)  コメント(0) 

ラストスパート [育児]

ずいぶん久しぶりになってしまいました。
いろいろと忙しくてですね、更新していられなかったですよ。
いまさらですが昨年の年末のネタなど(汗)。


IMG_3540.jpg

いつものように寒い日が続いています。
そして年末年始はいつものように雪が降ったり、降ったり、降ったりしてました。
でも忙しいので雪掘りは必要最小限。
その間何をしてたかと言うと…。

IMG_3559.JPG

年末年始期間中は学校に入れないので、地域の公民館を借りて学習会場を設営しました。
お正月のこの時期、自宅では勉強できる環境がない、という生徒が多いのでね。
都会では普通、進学塾がこういった役回りになるのでしょうが、娘の高校は塾禁止なので行き場がありません。
それで毎年保護者が年末年始の学習会を開いているというわけです。

12月29日~1月3日まで。
地区ごとにこういった会場を作るのですが、人数が少なくて会場を用意できない地区はウチの会場で受け入れたこともあり、毎日30人を超える大所帯となりました。
ほとんど1クラス分の生徒が毎日通っていたことになります。

なので保護者が持ち回りで監督役。
と言っても何するわけでもありません。
ストーブの灯油を補給したり、部屋の換気をしたり、するくらい。
後はただそこに居るだけ。

子供たちは学校の時限に習って、時間になれば自習を始め、時間になれば休憩に入り。
終われば自主的に掃除を行い帰っていきます。
素晴らしい生徒たちです。

ウチの娘は今年受験生。
いつも行っている図書館も年末年始はお休みなので、この学習会にフル参戦してました。
車で送り迎えをする関係で必然的にワタシも毎日通うことになります。
ついでなので毎日お菓子やジュースを差入れていました。
ワタシの他にも当番の保護者の方や先生からも差し入れがあり、お菓子が山のようになりましたが、そこは若い子供たち、目を見張る早さでどんどん消化していましたね(笑)。

IMG_3602.JPG

差入れついでにこんな張り紙を。
日替わりで応援メッセージ。
後半ネタに苦労しましたが結構楽しかったですね。

記念に書き残しておきます。

今日の一言:
 12月29日 追い込まれるな 自分から追い込め!
 12月30日 今、君たちは試されている 未来の自分に
 12月31日 諦めない者にとって 失敗はない
 1月1日  他人を見るな 明日の自分を見ろ
 1月2日  失敗を恐れるな 諦める事を恐れろ
 1月3日  最後の課題それは 自分を信じること

どこかで見たか聞いたかしたようなフレーズが混じっているかもしれませんケド、そこはそれ、無意識のオマージュです。どうかご容赦ください。
それよりこれが日替わりだったことに気づいてた生徒がどれだけいたのか?ってことですよね。
ま、自分が楽しかったからそれでいいや(笑)。


この記事を書いているのはセンター試験当日。
ウチの娘だけでなく、みんなの夢が実現することを祈っています。
頑張れ!


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

思わぬところで物欲が [車]

先日カミサンのA3が点検だったので半日くらい代車としてA4に乗ってました。
その代わりQ5は人質(クルマ質?)としてカミサンに。

現行A4ですが何のオプションもなしの素の状態とはいえ、走行距離280kmのバリバリの新車です。
良いのかこんなのワタシに貸して。
いっぱい走っちゃうよ?(笑)
ということでしばらくあっちへ行ったりこっちへ行ったり。
無駄に走ってしまいました。

IMG_3504.jpg

冬本番を間近にして久しぶりの青空。
街路樹も秋の終わりを伝えてくれています。

IMG_3505.jpg

新型A4だとバーチャルコックピットをオプションで付けられるのですが、この代車は通常のMMIに付くDIS(ドライバーインフォメーションシステム)タイプ。
一応メーターパネル内にナビ画面も出ることは出るのですが。

IMG_3507.jpg

これでも便利に使えることは使える。
でも一度バーチャルコックピットを見てしまうとやっぱり物足りない感じはしますね。
物欲万歳!


実は現行A4でワタシが気に入っているポイントがあります。
それは、コレ!

IMG_3508.jpg

ルームミラーです。
何の変哲もないルームミラーなんですが。
縁いっぱいいっぱいまでミラーなんですよね。
このデザインが結構好き。
これは新しいQ5やQ2にも使われています。
いーなー、いーなー。
ワタシの旧型Q5に付かないかしら。
でも防眩センサーがあるから簡単に付け替えるわけにはいかないか。

後、ちょい乗りではとても慣れそうにないのがコレ。
シフトレバーです。

IMG_3509.jpg

シフトポジションにパーキングがないんです。
パーキングはセレクタ上にボタンとなって付いています。
何でこんなことするんでしょうね。
今までどおりで何が悪いんでしょうか。
前にも代車で乗ったことがありその時の動画があります。
こわごわ操作してるのわかります(笑)?



販売数世界一の某メーカーの某ハイブリッド車や、それに追従した他のハイブリッド車のシフトレバーにも憤りを感じましたが、Audiお前もかって思います。
新型Q5にもこれが採用されていてちょっとガッカリです。


ワタシがいつも乗っているQ5は初期型マイナーチェンジ後なので、ミッションは通常のティプトロニックに戻っています。
今時のAudiはみんなSトロニック(DSG)ですよね。カミサンのA3もそうです。
ワタシ、イマイチSトロニックは好きになれません。
停止直前にトルク変動があるといつもイラッとしてしまいます。
A6とかA8くらいになると気にならなくなるんでしょうか?



そんなこんなでしばらくA4を乗り回しているうちに、点検も終わりA3も帰ってきました。
消耗品を交換してもらいましたがフリーウェイプランなので無料でした。
休日出勤のカミサンのところに車を交換しに行ったら、なんと隣にS1スポーツバックが並んでいます。
せっかくなのでウチの車たちではさんで記念写真。

IMG_3511.jpg

普段Q5とA3に乗っていてたまにA4だと比較対象になってあらが見えてしまうのですが、S1くらいサイズが違うとこれまた新鮮で逆に良いですよね。
Audiを3台持ち?いやいやいやいや…無理でしょ。

物欲…万歳!


タグ:Audi A4 代車
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:自動車

お化粧するオトコ [今を生きる]

先日新幹線でお出かけした時のこと。
駅のトイレに入ろうとしてちょっと違和感が。
まぁ男性も化粧する時代なのでいいのかもしれませんが。

IMG_3463.jpg

トイレの語源をググッてみると元はフランス語…。
洗面台に敷いてある化粧品の下に敷く小さい布のことをtoilette(トワレ)と言っていたのが、後々洗面台全体を指すようになったのだそうです。
 フランス語直訳:toile(布)+ette(小さい)

これがアメリカ読みでtoilet(トイレット)→toilet roomとなり化粧室という意味で使われるようになったということらしい。
なので日本でもトイレ(お便所の意味で)を化粧室と訳すのはあながち間違ってはいないわけですね。
なるほどなるほど。

考えると、英語では日本語で言うところの「便所」的な言葉はありませんよね。
rest room(休憩所)とかbath room(お風呂)という呼び方をします。
日本ほどネガティブなイメージはないのかもしれません。

ところで、男子トイレにいるトイレの神様って、女神さまなの?それとも…
ちょっと気になる(笑)。


タグ:トイレ 化粧
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

校歌斉唱 [育児]

閉校、閉校、また閉校』で書きましたが、息子の通う中学校が今年度で閉校します。
今年は何かと言うと「閉校記念体育祭」やら「閉校記念合唱際」などありとあらゆるものに「閉校記念」が付いてまわっています。

そんな中、先日中学校で「閉校記念式典」がありました。
ワタシも一応この中学校の卒業生なんですが、ワタシが在学の時は、今の校舎と違い木造校舎でした。
だから今の校舎にそれほど思い入れがあるわけではありません。
ただ、娘はこの校舎から卒業しましたし、息子はまだ現役です。
校名も今年度が最後ですし、これも記念と思い、式典に出席してきました。

IMG_3477.jpg

校舎内には開校以来71年間の卒業写真が掲示してありました。
娘の写真もありましたし、ずっとさかのぼってワタシの写真もありました。
久しぶりに当時の懐かしい顔を見ることができました。

考えてみれば、息子はこの中学校の卒業生にはならないんですよね。
ちょっと残念です。

また、式典では久しぶりに校歌を歌いました。
ワタシは基本的に校歌好きなのですが、この学校の校歌は特別に好きです。
歌詞がね、良いんですよ。
1番の歌詞から3番の歌詞まで、それぞれ地域の自然が盛り込まれていて、ちゃんとストーリーがある。
何かね、とても叙景的というか、すごくイメージがわくんです。
わかる人には学校がわかっちゃうんですが、ワンフレーズだけ書きますと。

「この学び舎にして仰ぐ、行く鷹の影の紫」とかね。
すごく詩的でしょ?

「行くて待つ茨(いばら)ありとも」
これ、入学して初めて聞いた時にドキッとしたんです。
校歌って明るい未来を歌うもんだと思ってましたから。
「未来は良いことばかりじゃない、茨の道もあるんだぞ?」って、ビシッと言われた気がしました。
すごく真実味があって説得力あります。
グイと背中を強く押される歌詞です。

さらには学校名がまったく入ってこないところも珍しい。

あー来年はもうホントにこの学校もなくなっちゃうんだ。
小学校ももうないし。さびしいな。
せめて校歌くらいは忘れずにいて、ずっと歌い続けたいと思います。

IMG_3480.jpg


関連記事:
 2005/03/02 『毎日がたまごやき
 2005/03/28 『さよならぼくたちのほいくえん
 2005/05/19 『ついに登園拒否か
 2006/03/28 『さよならぼくたちのほいくえん ふたたび
 2006/04/07 『いっちねんせぇ〜になったぁ〜らっ
 2006/05/03 『ぜんぶたべたよ
 2010/12/03 『爆笑玉入れ
 2010/12/03 『閉校記念
 2011/03/25 『さよなら。そして、ありがとう
 2011/11/13 『廃校舎と思い出
 2011/12/05 『廃校 Before After
 2017/09/11 『閉校、閉校、また閉校


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

Vol.67 道化師の森 [キューピーマジック]

もう1週間も前になります。
キューピーマジック公演『Vol.67 道化師の森』を観に行ってきました。
この演目としては7年ぶりだそう。
ということは前回はこれ『Vol.54 道化師の森』でしたね。
思い起こせば息子くんのキューピー観劇デビューでした。
えっと7年前だからいくつだ、6歳?7歳?小学1年生か。
ハァ?ヤツはそんな頃からキューピー観てるんだ。
ちょっと親の顔見てきます〜(笑)。



さて今回は珍しく他の家族は皆さん都合が悪くて…。
カミサンは仕事。
娘はセンター試験プレテスト。
息子は参観日で学校へ…って、イイのかおい(笑)!
仕方なくワタクシが家族を代表してキューピーを楽しむという大役を勤めることになりました。
参観蹴って観劇って…いいのかホント。

良いも悪いも、財布の中にはなぜか新幹線の回数券が往復分。
細工は流々仕上げを御覧じろ。
ということで後ろ髪を引かれる思いで…家族みんなに白い目で見られながら、いざ下北沢へ。
そう言えば一人でキューピーを観るのって、もしかして初めて?
さっ寂しい、寂しすぎる…。

このところ家族で行くようになってからずっと車だったので電車での移動は久しぶり。
そもそも以前下北沢に降りたのは、まだ京王下北沢駅が高架駅?地上駅?だったころ。
駅が改装して地下ホームになってから来るのは初めてです。
あれっ?もともと京王は高架のままで小田急が地下に変わったんでしたっけ?すみません田舎もので。

一人も初めて、地下ホームも初めて。
初めてづくしで何だか不安な気持ちが入り乱れ。
いやでも今回は岡野さんが出るんだし、と思いなおすこと数回。
嬉しい…でも一人は寂しい…そんな一人旅でした。


会場は下北沢の小劇場「楽園」。
前々回、豆キューピット『豆Vol.10 ルームメイト』を観たところです。
あの狭くて独特なレイアウトをどう使うのかも興味津々。

会場に着いてみると開場20分前くらいでもう20人ほど並んでいました。
ワタシもいったん並んではみたものの、チケット取り置きだしなーと思い返し、列を無視して階段を降りてみました。
階段の下には受付があり、そこで予約してたチケットを購入し、また階段を上って建物を出て列に並びました。
おそらく列には、チケット持参組、取り置き組、当日券希望組、いろんな人が混じって並んでいたように思います。
出来ればスタッフさんが階段の上で交通整理してくれると良かったのになー。

今回は土曜日のマチネでした。
なぜか結構なお歳の方が多かったように思いました。
どうしたのでしょう?役者さんの祖父母、とか?まさか、ね。
サントリーウェイティングバーよろしく、少し聞き耳を立てていると、どうも初めての方も多く…。
う〜ん、とりあえず、新たな客層の掘り起こしに成功した、ということにしときましょうか。

長い前置きはこれくらいにして。
以下ネタバレあります。ご注意ください。



開場して入ってみるとやはり「楽園」は狭いですね。
おまけに真ん中に大きな柱があり、演出も演技も大変でしょう。
今回は柱で二分された客席の間に病院のベッドが置かれてて、なるほど面白い試みだと思いました。
ほとんど客席の中に舞台が食い込んでいる感じです。
この舞台と客席の近さがキューピーの舞台の良さをさらに際立たせるんですよね。楽しみ楽しみ。
でもさすがに一人では、客席と間違えてベッドに腰掛ける、といったお約束のボケもはばかられ、泣く泣くスルーしました。寂しい…。

始まる前は舞台の狭さにどうなることかと心配していましたが、始まってみると狭さはそれほど苦にはなりませんでした。
それよりもコンパクトにまとめた最小限のセットには感心しましたね。
何と言うか等身大ドールハウス?を連想してしまいました。

さすがに何度も再演を繰り返しているだけあって、以前は、ん?って思ったような流れも、それとなく台詞の中に説明が入っていて、とてもわかりやすかったですね。
加えて、各キャラがそれぞれ個性的で、とても魅力的でした。

ただまぁ芝居ですからいろんなトラブルがあるわけで。
音楽が台詞にかぶってしまったり…。
いやぁ思わず四半世紀も前の古傷が疼きました。
その昔若かりし頃、とある劇団にスタッフを頼まれて音響効果に手を出したことがあります。やめときゃよかったのにね。
まぁ素人なんでしょうがないんですが。
一番のクライマックスでやっちゃったんですよ。
場面転換の時に前の音を下げ忘れて次の場にしばらくかぶっちゃったんです。
あん時はホント、冷や汗が滝のように流れましたね。

トラブル…。ただそれも演劇の醍醐味、と言うこともできます。
今回、舞台となる映画館のセットのドアの建て付けが悪いのが、最初から気になっていました。
案の定、途中からきちんと閉まらなくなってきて、晋平の母、美智子がハケるシーンでついに立ち往生する事態に。
ここからは多分アドリブなんだと思いますが

美智子 「あーん困ったわどうしましょう」(みたいな演技)
坂田のおばちゃん 「ふんっ」(頑張って閉めようとするが閉まらない)
ワタシ (ドキドキ…)
坂田のおばちゃん 「明日直しましょ!」

会場爆笑。拍手喝采でした。
さすがキューピーマジックの飛び道具、紅子さん。
あっと言う間に、建て付けの悪さがシナリオの一部になってしまいました。
と言うか、最初からこれ狙っての建て付けの悪さだったら、びっくりですよね。
でも、そうかも…と思わせる自然さは、リアルな演技を追求するキューピーならではだと思います。
台詞のキャッチボール万歳!



小さい頃に母親に捨てられたと思い込んでいた息子の物語なわけですが。
それにしてもこの台本、息子の気持ちが痛いほどわかります。
こんないい歳になっても、いや、なったからこそ、かもしれませんが、胸が締め付けられます。
女性から見たらどうなんでしょう。

「きもっ」

とか思う女性は多いんでしょうか。
パンフレットで座長さんが「マザコン」と書かれてましたが、世の息子たちには普遍的な感情なのではないでしょうかね。
思わず、もし自分が昔に戻って自分より若い母親に会ったら…と考えずにいられませんでした。



その昔、ワタシが中学生から高校生の頃。
2階で勉強していると、深夜を過ぎた頃、母親がそっと部屋をのぞきに来ることがよくありました。
遅くまで勉強している息子の様子を見にきた風情でしたが、特に何を話すでもなく、ドアの外からこちらを長いこと見ていました。

(何だよ、用がないなら早く寝ればいいのに)

なんて心の中で思っていた時もありました。
ところがある時気づきました。
母親の寂しそうな顔。今にも泣き出しそうな表情。
そして目の下の「青タン」に。

おそらく親父に殴られたんでしょう。
親父のいる1階にいられず、2階に上がって来てたんですね。
でも息子の部屋に入るところまでは出来ない…。
そういう時の母親には、ワタシの部屋のドアの外にしか居場所がなかったんだ、と、今となっては思います。
今、あの場所に戻れるなら、ワタシは母親に何を言ってあげられるんでしょう?
何を言ってあげたらいいんでしょう?

「40年後のあなたの息子は、ちゃんと人の心の痛みがわかる、わかりたいと思う、少なくとも親父よりはマシな大人に育っていますよ」

「何よりそれは、あなたのおかげですよ」

そんな風に言ってあげたら、あの悲しそうな顔に少しは笑顔が戻るでしょうかね。

なんのこと?意味わかんねーと思いますよね。
確かにワタシのシチュエーションと今回の演目とはまったく違いますし。
でもワタシにとってあの時代のあの部屋のあの光景とは、ふとした瞬間に時空のゆがみでつながるような気がしたんです。



自分より歳の若い母親に

「えらかったね。頑張ったね」

そう頭を撫でられ

「うん…うん…」

真っ赤な顔で、そうとしか言えない晋平を観ながら、涙が止まりませんでした。
涙がボロボロこぼれ落ちるのがわかりました。
ホント今回ばかりは一人で観に来て良かったです。ちょっと恥ずかしかったな…。



キューピーマジックっていつもワタシだけのために舞台をやってくれるんですよ。
信じられないでしょうが、本当なんです。
でも皆さんも同じように感じているのかもしれませんね。

今回もまた暖かいホカホカした気持ちで劇場を後にしました。
皆さんはどうでしたか。

20171118.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -
人気ブログランキングへ