So-net無料ブログ作成

貴社の記者が汽車で帰社した [パソコン]

最近macOSの最新バージョン10.12Sierraが公開になりました。
無償なのですでにアップデートした方も多いかもしれません。

ワタシはと言えば。
Sierraの公開直前になって、ようやく10.11El Capitanにアップグレードしました。
それもまずはMacBookProを更新して、一週間ほど様子を見てから、母艦のMac miniを更新、という念入りな2段階アップグレード。
そんなヘッピリ腰なワタシをあざ笑うかのように、El Capitanは何の問題も起こしていません。
その上何より前にもましてサクサク感があって大満足。
(どこかの期間限定無償アップグレードOSとは大違いですね)

調子に乗ってSierraを入れたいところなんですが。
CanonのプリンターがSierraに対応してないのでしばらく様子見。
サイトを見るとウチのプリンターは今後も対応しないみたいだし、もしかするとプリンターを買い替えるところから始めないとダメかも(泣)。
Sierraの次が出るころになったら考えます。


El Capitanで予想外に良かったのが「ことえり」です。
逐次自動変換とでも言うのか、変換キーを押さないでも文章を打つそばからどんどん自動変換していきます。
そういえばその昔、ATOKだったかVJEα?β?とかでも逐次自動変換があったような?
あれ?ATOKは句読点変換だったか?
バージョンによるのかな?なんかもう忘れちゃったなー。
思えばあの頃はMacなんて高嶺の花で憧れの対象でしかなかった。
貧乏人のワタシはDOSだった時代だ…(遠い目)。

昔の(一太郎Ver3とか?初代の松とか?)漢字変換なんて単漢字変換だったような。
貧乏人はOSもフロッピーブートなわけで変換ごとにいちいちフロッピーがガチャガチャいってた(笑)。
ようやくハードディスクで使うようになっても今のように速いものじゃないし。
だから逐次自動変換って昔の低速なシステムでは一瞬引っかかるというか、入力を待たされる瞬間があったりして、イラッとさせられることが多くて嫌いでした。
それが今回のことえりはもうホントにリアルタイムで変換してきて、スムーズでまったく違和感がありませんね。
逆に入力が変換に追い付かない(笑)。

ただ、単語の途中では一時的に思ったのと違う変換が入ってくるので、それをウザイと思う人は多いかもしれません。
ワタシは昔の古き良き時代?を知っているので、これは使ってて結構ワクワクします。

見る見るうちに変換されていって、それも普通の文章程度なら誤変換がほとんどない。
逆にこれって、慣れちゃうと変換後の文字を見返さなくなって、ホントに誤変換があった時に気づかない、なんてことになりそうで怖いです。

凄いねー、ことえり。
…っていうかDOS時代と比べるな、ってことですよね。

最近は日本語入力機能をIME(インプットメソッドエディタ)※って言いますが、その昔はFEP(フロントエンドプロセッサ)って呼んでました。
 ※本来はIMと呼ぶのが正しいのですがインスタントメッセンジャーと混同するのでワタシはIMEと呼ぶ派です。

そうそう、FEPと言って思い出すのが、変換精度を試すための一節。

「きしゃのきしゃがきしゃできしゃした」
msdos620fep1.gif
試してみたらNEC版MS-DOS6.20のAIかな漢字変換でも逐次自動変換ですね。

あるいは

「きしゃできしゃしたきしゃのきしゃ」
msdos620fep2.gif
ちょっと順番を変えると誤変換が…。


ところでMicrosoft版MS-DOS6.2/Vの方(MSIME)はもう少しおバカ。
msdos62vfep.gif
デフォルトだと連文節変換になってるし。
一応自動変換にモード変更は可能だけど。


ま、20年以上前のOSに突っ込みいれてもねぇ。
当時はいろんなFEPでいろんな文章を打ってみては、(仕事中に:笑)みんなして変換で遊んでた時代でした。
古き良き時代です。

今後はもう少しすると音声認識なんかもリアルタイムになり、違和感なく会話ができるようになるんでしょうね。
途中まで喋ったことに先回りして答えを返す、とかね。
それもまたワクワクします。


逆アリゲーター [車]

秋の長雨とか言いますが。
今年の秋は雨が多くて困りますね。
台風も多いし。

あまり雨が降ってばかりなので稲刈りができません。
今年は雪解けが早かったので稲の生育も早く、稲刈りが台風の時期とぶつかってしまって大変です。
元々コシヒカリは倒れやすい品種らしいですが、生育の早かった今年は軒並み稲が倒れてしまっています。
そこにきて長雨ですから、藁が腐ったり、穂から根が出たり。
早いこと稲刈りしないと、と焦るものの、晴れ間がなくってどうしようもない…。
みんなジリジリしながら空を見上げています。

ウチの田んぼは専業農家さんにすっかりお任せしているのでワタシは何もすることなし。
稲が倒れようが何しようが、手出しはできない。
ある意味、気楽なもんです。
とは言え早く刈ってもらいたいのはヤマヤマですケド。

そんな中、この間の日曜日は久しぶりの天気。
ここぞとばかりにあちこちで稲刈りが始まりました。
ワタシといえば…。

IMG_2265.jpg

最近Q5ばかり走行距離が伸びているようなので、たまにはエスも伸ばしてやろうかと、久しぶりに引っ張り出してみました。
ラジエターの冷却水が減ってたのでとりあえず水道水を補給。
冬期走るわけじゃないし車庫の中で凍結もないのでまぁこれで良しとします。
ブレーキオイルとクラッチオイルも微妙に減っていたのでこれも補給しました。

外していたバッテリーをつなぎ、エンジンをかけてみると…。
2回目のセルで難なく始動。

ぶぶぶぶ、ぶぉん、ぶぉん!

前にバラシて直したアクセルペダルもバッチリ。
よしよし。

そういえば、以前走った時に水温が少し高めだったのを思い出しました。
冷却水を補充したのでどうかなと思いつつ、近くのダムを一回りしてきました。
結果。やはり高い。
オーバーヒートするほどではありませんが、水温計は100℃を指しています。
以前はよほど回さないとこんなに上がることはなかったんですケドね。
もしかすると冷却系のどこかに詰まりがあるのかもしれません。

5,000rpmくらいから上の吹け上りもイマイチ。
クラッチを踏むとカラカラいうし。
エンジンとミッションと、オーバーホールが必要かもです。
きちんと整備しとけば後々高く売れるし…って、そっち?
いやいやいやいや。

また埼玉のショップにお願いするかなぁ。
ずいぶんご無沙汰しちゃったけど社長はまだ元気だろうか。
30年くらい前でも、ミッションのオーバーホールが4~50万円だったよなぁ。
年末のボーナスを見てから考えようか。
それとも年末ジャンボか(笑)。
定年になったらコツコツ自分でやるという手も…。
あーん、悩ましい。

IMG_2262.jpg

ボンネットのこの開き方。
逆アリゲーターがスポーツカーの証です。


関連記事:
 2005/10/10『ワクワクするクルマが好き
 2006/08/12『車検がクルマをダメにする
 2007/04/14『寒い時がいいのだ
 2010/04/11『45年前のプリウス
 2014/04/29『6年ぶりに回してみた…と思ったら4年ぶりだった(汗)
 2014/08/30『ペダルは軽くココロも軽く
 2015/12/15『まだ動きます
 2016/04/09『桜並木とS800
 2016/05/08『虫干し



タグ:Honda S800
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

結論。自重などするもんか:笑 [車]

自重した…か?

(前略)

月平均にすると1,639kmになりますが、2年半までは1,667kmできてたので、ラスト半年の平均を計算すると月1,500km。
それまでより月167kmも走行距離が少なかったわけです。
どうです。ちゃんと自重したでしょ。

ってことで。
結果を出したことで安心して、これからまた走行距離が伸びそうな予感(笑)。
いや実は、来週は結構まとまった距離を走る予定。
3日間で2,000kmくらいかな?
1ヶ月伸ばして37カ月で計算すると最終的には変わらないような気がしてきた…。




いよいよ本命の記事です(笑)。

あれから2カ月。
走行距離はどうなっているのでしょう。
まぁ、前振り記事をご覧であればお察しください。

IMG_2255.jpg

はい!
38ヶ月で64,000kmとなりました。
月平均1,684km…。増えている〜(笑)。
というか、前回の自重記事から2ヶ月で5,000km走ったってこと?

だよね〜。
前振りの通り、オープンキャンパスの3日間で2,000kmは走ったもんね。
こうなったらもう100,000km達成最短記録を目指すぞ〜!

自重?ナニソレオイシイノ?(遠い目)



関連記事:
 2014/02/04 『あっという間に大台突破
 2014/10/28 『少しは自重しなさいよ
 2016/02/14 『全然自重してないし
 2016/08/05 『自重した…か?


前振り記事:
 2016/09/24 『オープンキャンパス。西へ
 2016/09/25 『オープンキャンパス。北へ
 2016/09/25 『オープンキャンパス。南へ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

オープンキャンパス。南へ [育児]

明けて3日目。
なぜか中学1年生の息子も一緒。
早いと言えば早いんですが、ココは本人の第一志望校なのです。
つうかその前に高校だよなー。
ま、いっか。


オープンキャンパス3校目です。
ホテルから15分ほどでもうキャンパス内。

ここは何が凄いって、敷地が超広い。
キャンパス内を循環バスが走ってるくらいですから。
学生さんは建物間を移動するのにみんな自転車を使っています。
次の授業に間に合うため、みんな飛ばす飛ばす。
よく接触事故が起きないなぁって思いました。

IMG_1977.jpg

ここは事前申し込みで娘はツアーに参加。
保護者3名(笑)は保護者向け説明会へ。
申込者多数のためワタシは立ち見でした。ハァ…ツカレタ。

娘の方のツアーはお昼を挟むので、それが終わるまでは別行動。
食堂をのぞいたり、寮の説明会に行ってみたり。
なんせ敷地が広いもんだから何を見るにもかなり歩きます。
食堂もいくつかありましたが、その時一番近かったオシャレなカフェテラスみたいなとこで昼食を取りました。

IMG_2126.jpg

さすがに歩き疲れたので循環バスに乗って移動。
パンフレットで見つけたプラズマ研究施設の公開ツアーに飛び入り。息子は理系なんでね。
なかなか入口が分からず、ウロウロ探し回った揚げ句、やっと見つけた入口のドアが、なぜか開かないというサプライズ(笑)。
すったもんだしましたが、入ってみれば、なかなか珍しいものが見れて面白かったです。

文系娘のツアーが終ってからは、やはり図書館へ。
ここの図書館の蔵書数は半端なくて一週間見て回ってても飽きないほど。
カミサンならここで寝泊まりしたいって言い出しかねないですね。

IMG_1967.jpg

さて、歩き疲れて日が暮れて…いやまだ暮れないけど。
学生スタッフの皆さんがもう片付けモードに入る中、校門で記念写真を撮ったりしてて、結局17時過ぎまでお邪魔していました。

これにて3日連続オープンキャンパスの打ち止め。
後は家に帰るだけ。
途中、SAで夕食を取ったりお土産を買ったりしながら、(気持ちだけは)ゆっくり帰りました。
自宅に着いたのは確か23時過ぎじゃなかったかな?
やれやれ。

一度にこれほど長距離を走ったのは久しぶり。
体力的には大変だったけど結構、いや、かなり楽しかったな。
娘のためと言うよりは自分が楽しむためだったかも。
まるでプチ旅行のようでした。

めでたしめでたし。
(終了…いや、このオープンキャンパス三連記事は、実は次の記事の前振りだったり:笑)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

オープンキャンパス。北へ [育児]

さてオープンキャンパス三連チャンの2日目。
ここはJRの駅から少し離れているので、乗り継ぎ時間を考えて、やはり車にしました。
2校目は自宅から車で2時間ほどです。
ま、近場と言えば近場なので日帰りです。

この日からカミサンも参加。
親娘3人でのツアーとなりました。
駐車場が空いているかが心配でしたが、朝7時に出発し、わりと早めに着いたこともあり、結構いい場所に停めることができました。

IMG_2119.jpg
ちゃっかり正門脇駐車場に潜り込む(笑)

ここは家から最も近い大学。
とは言え実際に通うならアパート暮らしにはなりますけど。
親としては少しでも近いほうが安心と言えば安心。
車で2時間なら何かあればすぐにでも駆けつけようと思える距離ではあります。

広い平野の中の少し盛り上がった丘の上。
広々とした見晴らしのいいキャンパス。
もしかすると海が見えたりするのかな。
それくらい周りに何もない。

IMG_2120.jpg

それからそれから。
建物の中はなぜか廊下が超広いっ。
車が走れるな、って思いました、マジで(笑)。
軽自動車同士なら充分すれ違えるかも。

ここのオープンキャンパスで思ったのは学生さんが主体でやってるな、って感じ。
説明や案内してくれる学生さんみんなが大学の楽しさを全力で伝えようとする意気込みがハンパなかったです。
いいなー。ワタシも学生に戻りたいっ。
娘の方はというと、模擬授業も楽しかったようですし、各学部の説明なんかも積極的に見て回っていました。

ただ、海に近くて、海抜が低い平野の中なんで、津波がちょっと心配。
考えすぎかもしれませんが。

さあ今日は、明日の3校目の近くで前泊です。
いったん家に戻り、部活から帰ってきたばかりの息子を拾って、今度は4人ツアーとなり、そのまま南に向かってGo!
ノンストップなら最短4時間のルート。
途中のSAで夕食とトイレ休憩を取りつつ、結局ホテルのチェックインは22時でした。

IMG_2123.jpg

2日目終了。
(続く)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

オープンキャンパス。西へ [育児]

今更なんですが夏休みを利用してオープンキャンパスに行ってきました。
この季節はどこの大学も日程が近くて予定を組むのが大変。
結局3日連続というハードスケジュールとなってしまいました。


まずは1日目。

前日は出勤日。
業務をこなして夕方いったん帰宅後、娘を拾って即出発。
自宅から目的地までノンストップ約4時間ちょっとの行程。
SAでの夕食やトイレ休憩を含めて実質5時間でした。
夜ということもあり、か・な・り・飛ばしました(笑)。
到着は23時半。
何とかその日のうちに着くことができて、ホッ。

その日は駅近くのホテルに泊まり、翌日朝からオープンキャンパスに参加。
ホテルからキャンパスまで30分くらいだったかな。
小高い山の斜面に建っています。
車で登って行くとどこからがキャンパスなのかよくわからない。
そういや校門ってどこにあったかな?

人里離れている大学は結構多いと思いますが、掲示板に「クマに注意」のチラシが貼ってあったのは笑いました。
事務の方に聞いたら本当にいるそうで(汗)。

IMG_2087.jpg

娘は学生向けの説明会、ワタシは保護者向けの説明会で、親子別行動。
お昼で終わるはずの娘がなかなか出てこなくてヒヤヒヤしました。
何やら隣り合った学生さんと話が弾んだようで、小一時間待たされはしましたが何とか合流できました。

文系の娘はお昼ご飯よりもまずは図書館を見たいと言うのでそちらへ向かいます。
それが館内でスタンプラリーみたいなことをしてて、また時間がかかり。
お昼は結局軽食で済ませました。
美味しかったですけどね。

IMG_2091.jpg

お腹が膨れたところでキャンパスを後にします。
実は帰り道に観光スポットがあり、娘はどうしてもそこに寄りたいと。
今の季節はどうなの?秋とか冬とかが良いんじゃね?とか思いつつも、せっかく来たのだからということで寄ってきました。
確かに娘好みではありました。
DNA提供者のカミサンが羨ましがることこの上なし。

IMG_2104.jpg

ただ、古い城下町だけに市内は道が狭く路地が入り組んでいて、車はとても走りづらいです。
国道でさえ右に左に折れ曲がって、ナビなしではとても走れません。
さらに、ウチの近所では片道1車線ほどの道幅の国道が、こちらでは無理やり2車線にしましたって感じ。
路側帯なんて無いに等しい。
バスなんて車線からはみ出すじゃん?って、それくらい狭いです。
観光地だから混んでるしね。

まぁさてあまり遅くならないうちに帰らなくては。
明日もあることだしね。
途中のSAで夕食を取りつつ、またまた高速をぶっ飛ばしてその日のうちに帰宅しました。
帰宅は20時半過ぎでした。

1日目終了。
(続く)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

クマ大量出没中 [今を生きる]

山岳救助隊の方に夏頃からもう聞いていました。

「今年はブナの木に実が全然なっていないんだよ」

ついにその季節がやってきました。
奴らがやってきました。
大量出没中のクマ。

IMG_2233.jpg

「クマに注意」の看板も、今年は山道にではなく集落の道路沿いに立てられています。
どんだけ〜ってな感じです。


音を出すものを身につける。
昔からクマに遭遇しないための対処法です。
ところが最近はちょっと様子が違うようで。

山で草刈機を使って草を刈っていると、昔は草刈機の音で熊は逃げていました。
しかし、最近は草刈機の音を怖がらないそうです。
草刈りしてるところにクマが普通に寄ってくるんです。
近所の人が言ってました。
そのうちに、クマよけの鈴とか、ラジオの音とか、人間の出す音を、食べ物の音をして認識するようになるのではないか、と。
笑えません。ホント怖いです。


そういえば、サル。
昔林業が盛んだった頃は、里に近い林はきちんと手入れされていて、それが山と里の間の緩衝帯となっていたため獣害が少なかった、と言われていました。
なので今は、できるだけ山道や田畑の周りは草を刈って、緩衝帯を設けるように、という指導をされています。

ところが最近のサルは違います。
そもそもが草むらを歩かなくなりました。
草むらより草刈りされたところ、さらには舗装道路を歩くようになっています。
そりゃそうです。
奴らにとっては身を隠す必要なんてないんですから。
今や緩衝帯整備なんてサルの行動範囲を広げているようなものなんです。


なんでそんなになってしまったのか。
それはおそらく。
人間を怖がる対象として見なくなったからなんです。
だって人里に下りてきたクマを捕まえたらそのまま山へ返すんですよ?
「動物がかわいそう」とかぬかすノーテンキな団体がいますからね。

そんなこと続けていたら人間なんか全然怖くなんかないじゃないですか。
クマやサルだってバカじゃないんです。
世代を超えて学習するんです。
このままだと「人間は食料」と認識するのも時間の問題ですよ。

やはり見つけたら殺すか徹底的に怖い目に合わせるべきなんです。
他の動物だってそうでしょう。
みんな自分のテリトリーは命がけで守ろうとします。
手加減なんかしない。
相手を「かわいそう」なんて思わない。
それが本来の「自然」というものなんです。
そうやって人間を「怖いもの」と認識させないと、これからもっと大変なことになりますよ。



クマ関連記事:
 2007/10/07『クマにちゅうい


タグ:クマ サル
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ユーザーエクスペリエンス [ちょっといい話]

昨日某スーパーに買い物に行きました。
色々と買い物の指令を受けていたんですが、お彼岸も来るので、お花と、切り花用の栄養剤も頼まれていました。
うちのおばぁが気に入っていつも使ってるのはこちら。


『クリザール』


いつもなら生花が置かれている近くにあるはず。
ところがいくら近くを見渡しても見当たりません。
しばらく探したものの見つからないので近くにいた店員さんに聞いてみました。

ワタシ「切り花用の栄養剤ってどこにありますか?」

店員 「少々お待ちください」

と言いつつ生花の周りをウロウロ探すことしばらく…。

店員 「…ちょっと今は切らしているみたいです。申し訳ありません」

ないものはしょうがない。
クリザールはまた今度にしよう。
店員さんにはお礼を言ってその場を立ち去りました。


ってことで。
その後、目的のものを買い物カゴにゲットしつつ店内を歩いていると、惣菜売り場あたりで…。

店員 「お客様?」

先ほどの店員さんが小走りで近づいてくる。

店員 「先ほどはすみませんでした。お店で使っているものですが少しお分けします。どうぞ」



もらっちゃいました…。
わーい。

IMG_2244.jpg


さすが教育が行き届いていると感じました。
こういう細かい気配りがリピーターを増やすんですよね。
店の備品を使ってしまい、お店としては損をするところですが、気を良くしたワタシは、いらないものまで沢山買い込んでしまいましたよ(笑)。

肉を切らせて骨を断つ…いや違うか。
「損して徳とれ」ってやつですか?
PCナントカってお店とえらい違いだ。
あそこは「騙して金取れ」だものね(爆)。


ホント、ちょっとしたことなんです。
お客なんてちょっとしたことでイチコロなんです。
本来そういう気遣いができるのが日本人の良いところなんですよね。
とても良い気分で帰路につきました。
あのお店、大好きです!




ユーザーエクスペリエンス関連記事:
 2013/06/26『トイレは終わりましたっ

もらって嬉しかった関連記事:
 2006/12/03『初雪の朝に出会った薄水色のCUBEさん



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ショッピング

苦渋の決断 #obt [パソコン]

負けました。
ええ、負けましたとも。

Office2016.png

ついにMacBookProRetina13にMicrosoftOfficeを入れてしまいました。
今まではGoogleDriveを使ったりOpenOfficeを使ったり、MS-Officeだけは何とかして使わないようにやってきました。

しかしここにきて高校2年生の娘がMacを使うようになり、授業で使っているMS-Officeでないと困るようになってきました。
いや、本当はきちんと使い方を覚えれば、OpenOfficeでもできなくはないんです。
ただいちいちMS-Officeとの違いを教えていると時間がかかります。
ただでさえ課題をこなす時間が足りないのに、パソコン使うための時間を割くのがもったいないのです。

背に腹は変えられず…。
最初はOffice365とも思ったのですが、Microsoftにずっと料金を取られるのはおもしろくない。
年間だとそれなりな金額になるんですよね。
Office2016の永続ライセンスだったら初回は少し金額が張るけれどずっと使い続けられるわけで。
そもそも常に最新バージョンが必要というわけでもないし。

ということでポチりました。
…屈辱的。



ライセンスって本当に永続なんだろうか。
数十年先になってインストールできなかったりして。
Microsoftならありえるからなぁ。

そもそも何で学校でMS-Officeを使わせる必要があるのか理解できない。
職業訓練校かっ!
高校の授業なんてテキストエディタで充分だよ。


嫌犬権の行使 [今を生きる]

今日のこと、思い出しても腹が立つ。

くっそー!
ふ〜んっだ。



そもそもワタシは犬が嫌い。
思えばその昔、小学校低学年の頃かな。
姉がどこかから犬をもらってきた。
小さい白い犬だった。

その犬はずっとワタシに吠えていた。
いや、だれかれ構わず、だったのかもしれないが、その時ワタシは自分が吠えられていたように感じていた。
学校から帰ってきてからずっと。
次の日の朝、学校に行くまでずっと。

ワタシが家にいない昼間はどうだったのかはわからない。
まぁワタシはずっと吠えられ通しだった。
あまりうるさくて近所迷惑なので、夜は山の田んぼの近くの杉の木につないでおいたりもした。
そんなこんなで、なつかれることもなく、結局お別れすることになった。

あまり吠えられ続けたからか、いつのまにか犬が嫌いになっていた。
あれから今までずっと行きあう犬には吠えられ通しだ。

「犬は怖がる人によく吠える」とかいう人もいる。
「ふざけんな。飼い主の見てないところで毒入りの肉でもくれてやろうか」と思う。

だいたい犬を飼っている人のマナーが悪い。
盲導犬ならまだしも、当たり前のように店に連れて入る。

高速のサービスエリアで犬を連れてるのを見ると「はぁ?」って思う。
お前の来るところじゃないだろ。

助手席の窓から顔を出している犬がいる。
お前の座る席じゃねぇ。トランクにでも入ってろ。

毎朝の犬の散歩に「犬を抱いて」歩いているおばさんがいる。
犬、歩いてねーし。

夏休みのイベントで魚のつかみ取りがあった時。
大型犬を連れて入ってきた人がいた。
こうなるともう◯×△□としか思えない。
足元も悪く、小さい子供でごった返してるのに、何かあったらどうする。

だいたい奴ら人間と同じもの食ってる。
下手すると人間より良いもの食ってたりする。
だからなのか何なのか、奴らのウ◯コは超クサイ。
鼻が曲がりそうだ。
百歩譲って飼い主だって知らん顔したいのはわかる。
でも始末ができないなら犬なんて飼うなし。





くっそ〜ふ〜んだ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
人気ブログランキングへ