So-net無料ブログ作成

40年目の修学旅行 [育児]

娘の受験で京都に行って来たわけですが。

ワタシとしては2度目の京都です。
1回目はもう40年も前。中学生の時の修学旅行です。
その後社会人になってからあちこち出張で出かけましたが、京都は来たことがありません。
娘が試験を受けている間、暇なもんですから、とりあえずは近くの観光地である京都御所に行ってみました。

IMG_3768.jpg

40年前はどうだったろう?
御所はおそらく観てないような…。
そう、多分初めての参観でしょう。

待ち時間のほとんど、3〜4時間をかけてゆっくりじっくりぶらぶらと観てまわりました。
何かね、もう、すごい楽しかったです。
いや違うな。気持ち良かった、心地良かった、というべきか。

京都とはいえ真冬ですから寒いことは寒いです。
でも雪もないし陽の光は明るくて充分暖かい。
そんな中で、何百年も前の建築物を時間や他人を気にすることなく自分のペースで観て歩くというのは、受験中の娘には申し訳ありませんが、とっても気分が良かったです。

昔から理系だったワタシ。
もっと歴史も勉強しとけば良かったな〜と改めて思いました。
今考えると、歴史って教科書の中のフィクションみたいな感じでみてたような気がします。
でもこうやって実際の歴史上の地に立って実物(復元されたものであっても)を目の当たりにすると、何だか心にスッと入って来るというか。
歴史って本当にあったことなんだ〜というか(笑)。


試験が終わり娘を迎えに行き、その日はもう1泊。
次の日はそのまま朝から帰路につく予定でしたが、せっかくなので娘を誘ってみました。
元々平安時代好きな娘なので食いつく食いつく(笑)。
帰りの新幹線を3時間ほど遅らせて、2日連チャンの京都御所となりました。

IMG_3730.jpg

ほとんど朝一番で入館(入門)してみると、ちょうど近くにいた人を10名ほど集めて説明している宮内庁の方がいらっしゃいました。
またこの方、とっても面白い方で、いろんな裏話をおもしろおかしく聴かせてくれました。

「昔のガラスは質が悪く表面がボコボコしていますが、中には綺麗なガラスがはまっているところもあります。そこは私たちが失敗して割ったところです」

IMG_3728.jpg

それからこんなことも。

「たまに天皇陛下をお迎えすることがあります。もうこんな間近で」
「お入りになられる時は『ただいま戻りました』と」

そうなんだ〜。
やっぱり御所に来る時は「帰る」ってことなんだ。
そう改めて思いました。

IMG_3738.jpg

日本の政治や経済の中心は東京、ということに異論を唱える人はいないと思います。
ですが、京都にあった都を、東京に遷都するという公式な記録はどこにもない、という話があります。
通常遷都する場合は、天皇の詔(みことのり)や政府の布告などがあるはずなのですが。

東京にあるのは「皇居」。
天皇がたまたま居るだけ、であって天皇の住まい「御所」ではない。
つまり「今も京都が日本の首都」である、と。

諸説いろいろありますが。
2日間ずっと京都御所を歩いていて、もうこれは京都が首都でいいんじゃね?
そんな気がしてきました。

IMG_3740.jpg

中学生の頃もっと歴史に興味を持っていたなら…。
修学旅行の史跡めぐりも有意義なものになったんだろうなぁ。
40年目にしてようやく歴史の面白さに気づいた、今更なワタシでした。


タグ:京都 受験 御所
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

長い一日になりそう [育児]

センター試験が終わって半月。
いよいよ二次試験の時期に突入してきました。

国公立はまだもう少し先ですけど。
手始めというか、腕試しというか、腕慣らしというか…私立の一般選抜に来ています。
まずは初戦。
この後、第二戦、第三戦、第四戦まで続く予定です。
上手くいけば途中で終了となるのですが、さてさてどうなることか。

IMG_3710.jpg

地元は大雪で大荒れですから当然ながら前泊しました。
出発時に学校に電話したら教頭先生から直々にエールをいただき。
ホテルのフロントでは「受験生でいらっしゃいますか?応援しております」ということで「キット勝つ」チョコを頂き。
今朝の朝食を食べたレストランではお店の方からも「頑張ってね」と声をかけられて出かけてきました。

IMG_3698.jpg

IMG_3708.jpg

今まさしくこの時間。
ちょうど一科目目が始まったところですね。
親はもう何にもすることがありません。
信じて待つだけ。



「受験生保護者待合室をご用意しました」
ってことで来て見たら…。
ちょっと想像を超えていました。
もっとこう、教室みたいなとこだと思ってましたが。
さすが私立。

IMG_3712.jpg

IMG_3714.jpg

畏れ多くてくつろげない(汗)
せっかくの観光地。
あちこち色々と見て回ろうかとも思いますが…。
とても落ち着いて観光してなどいられません。

ということで暇つぶしにblog更新です。

タグ:大学 受験
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

娘の涙 [育児]

またまた過去記事で失礼します。


いよいよセンター試験に出発する三年生に向けて、壮行会が学校でありました。
ワタシも会社を抜け出して(汗)のぞきに行ってきました。

IMG_3618.JPG

校長先生のお話とか、下級生からの激励の言葉。
三年生の決意表明、校歌斉唱、など。

一通り、式が終わって、下級生が退場した後。
先生方から気合の入ったコールがありました。
とても力強く感動的なコールでした。
生徒さんたちも大声を出してすっきりした様子。
その後三年生が退場するのを見ていたら、娘が号泣しているのが目に入りました。

常日頃、淡々としてて、あまり感情を表に出さないウチの娘。
昔から大声を出して怒ったり泣きわめいたりしたことはありません。
その娘が、崩れ落ちそうになって泣いているのです。
思わず駆け寄りそうになりましたが、友達が横で支えてくれていたので、ここは父親よりも友達のほうがいいだろうと、何とか踏みとどまりました。


心配性な彼女。
最近ずっと「大丈夫かなぁ~」とか「やばいよ~」が口癖でした。
長い間気持ちが張り詰めていたのでしょう。
不安に押しつぶされそうな気持ちをずっと抑えてきたのが、先生方の熱いコールで心が揺さぶられて緊張の糸がプツンと切れたんですね。


親友に肩を抱かれながら教室に帰る娘の後ろから、少し距離をとって歩くワタシ。

「あ~良い友達にも恵まれて、良い高校生活だったんだなぁ」

とうれしく思いました。
生徒さんたち、先生方、皆さんに感謝、です。


その後、子供たちはいったん自習に戻ったのでワタシも会社に帰りました。
娘たちはこの日、そのまま試験会場近くのホテルに移動して前泊します。
悩んだ末、夜になってワタシのほうからLINEを送ってみました。

「いっぱい泣いて気が晴れたかな?今日は早く寝なよー落ち着いてやれば大丈夫!ホントだよ!」

しばらくしてから帰ってきたのが

「スッキリしました!明日と明後日、頑張ってきます」

という答え。
一度感情を開放したことで緊張が解け、逆に良かった気がしました。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

合格祈願 [育児]

前記事で(続く)とか書いて何ですが、別記事です。
ネタがたまってるので順番にいきます。
ご容赦ください。



娘の学校は毎年、正月休みの最終日に餅つきを行います。
三年生の受験を応援する、と言うか、激励のためです。
志望校合格に向けて最後まで「ねばれ」ということですね。

ワタシも毎年お手伝いしていましたが、今年は例の件もあったので準備だけ手伝って、餅つきが始まるときには失礼してディーラーへ向かいました。
後で様子を聞く限りではいつものようにみんな楽しく餅をついてたようです。
ワタシも残っていたら保護者用のお餅をいただけたのですが残念でした。

IMG_3591.JPG


ここからセンター試験まで後10日です。
頑張ってめいっぱい粘ってほしいですね。

…なんて書いている今はもうすでにセンター試験終わってますケド(汗)。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

ラストスパート [育児]

ずいぶん久しぶりになってしまいました。
いろいろと忙しくてですね、更新していられなかったですよ。
いまさらですが昨年の年末のネタなど(汗)。


IMG_3540.jpg

いつものように寒い日が続いています。
そして年末年始はいつものように雪が降ったり、降ったり、降ったりしてました。
でも忙しいので雪掘りは必要最小限。
その間何をしてたかと言うと…。

IMG_3559.JPG

年末年始期間中は学校に入れないので、地域の公民館を借りて学習会場を設営しました。
お正月のこの時期、自宅では勉強できる環境がない、という生徒が多いのでね。
都会では普通、進学塾がこういった役回りになるのでしょうが、娘の高校は塾禁止なので行き場がありません。
それで毎年保護者が年末年始の学習会を開いているというわけです。

12月29日~1月3日まで。
地区ごとにこういった会場を作るのですが、人数が少なくて会場を用意できない地区はウチの会場で受け入れたこともあり、毎日30人を超える大所帯となりました。
ほとんど1クラス分の生徒が毎日通っていたことになります。

なので保護者が持ち回りで監督役。
と言っても何するわけでもありません。
ストーブの灯油を補給したり、部屋の換気をしたり、するくらい。
後はただそこに居るだけ。

子供たちは学校の時限に習って、時間になれば自習を始め、時間になれば休憩に入り。
終われば自主的に掃除を行い帰っていきます。
素晴らしい生徒たちです。

ウチの娘は今年受験生。
いつも行っている図書館も年末年始はお休みなので、この学習会にフル参戦してました。
車で送り迎えをする関係で必然的にワタシも毎日通うことになります。
ついでなので毎日お菓子やジュースを差入れていました。
ワタシの他にも当番の保護者の方や先生からも差し入れがあり、お菓子が山のようになりましたが、そこは若い子供たち、目を見張る早さでどんどん消化していましたね(笑)。

IMG_3602.JPG

差入れついでにこんな張り紙を。
日替わりで応援メッセージ。
後半ネタに苦労しましたが結構楽しかったですね。

記念に書き残しておきます。

今日の一言:
 12月29日 追い込まれるな 自分から追い込め!
 12月30日 今、君たちは試されている 未来の自分に
 12月31日 諦めない者にとって 失敗はない
 1月1日  他人を見るな 明日の自分を見ろ
 1月2日  失敗を恐れるな 諦める事を恐れろ
 1月3日  最後の課題それは 自分を信じること

どこかで見たか聞いたかしたようなフレーズが混じっているかもしれませんケド、そこはそれ、無意識のオマージュです。どうかご容赦ください。
それよりこれが日替わりだったことに気づいてた生徒がどれだけいたのか?ってことですよね。
ま、自分が楽しかったからそれでいいや(笑)。


この記事を書いているのはセンター試験当日。
ウチの娘だけでなく、みんなの夢が実現することを祈っています。
頑張れ!


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

校歌斉唱 [育児]

閉校、閉校、また閉校』で書きましたが、息子の通う中学校が今年度で閉校します。
今年は何かと言うと「閉校記念体育祭」やら「閉校記念合唱際」などありとあらゆるものに「閉校記念」が付いてまわっています。

そんな中、先日中学校で「閉校記念式典」がありました。
ワタシも一応この中学校の卒業生なんですが、ワタシが在学の時は、今の校舎と違い木造校舎でした。
だから今の校舎にそれほど思い入れがあるわけではありません。
ただ、娘はこの校舎から卒業しましたし、息子はまだ現役です。
校名も今年度が最後ですし、これも記念と思い、式典に出席してきました。

IMG_3477.jpg

校舎内には開校以来71年間の卒業写真が掲示してありました。
娘の写真もありましたし、ずっとさかのぼってワタシの写真もありました。
久しぶりに当時の懐かしい顔を見ることができました。

考えてみれば、息子はこの中学校の卒業生にはならないんですよね。
ちょっと残念です。

また、式典では久しぶりに校歌を歌いました。
ワタシは基本的に校歌好きなのですが、この学校の校歌は特別に好きです。
歌詞がね、良いんですよ。
1番の歌詞から3番の歌詞まで、それぞれ地域の自然が盛り込まれていて、ちゃんとストーリーがある。
何かね、とても叙景的というか、すごくイメージがわくんです。
わかる人には学校がわかっちゃうんですが、ワンフレーズだけ書きますと。

「この学び舎にして仰ぐ、行く鷹の影の紫」とかね。
すごく詩的でしょ?

「行くて待つ茨(いばら)ありとも」
これ、入学して初めて聞いた時にドキッとしたんです。
校歌って明るい未来を歌うもんだと思ってましたから。
「未来は良いことばかりじゃない、茨の道もあるんだぞ?」って、ビシッと言われた気がしました。
すごく真実味があって説得力あります。
グイと背中を強く押される歌詞です。

さらには学校名がまったく入ってこないところも珍しい。

あー来年はもうホントにこの学校もなくなっちゃうんだ。
小学校ももうないし。さびしいな。
せめて校歌くらいは忘れずにいて、ずっと歌い続けたいと思います。

IMG_3480.jpg


関連記事:
 2005/03/02 『毎日がたまごやき
 2005/03/28 『さよならぼくたちのほいくえん
 2005/05/19 『ついに登園拒否か
 2006/03/28 『さよならぼくたちのほいくえん ふたたび
 2006/04/07 『いっちねんせぇ〜になったぁ〜らっ
 2006/05/03 『ぜんぶたべたよ
 2010/12/03 『爆笑玉入れ
 2010/12/03 『閉校記念
 2011/03/25 『さよなら。そして、ありがとう
 2011/11/13 『廃校舎と思い出
 2011/12/05 『廃校 Before After
 2017/09/11 『閉校、閉校、また閉校


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

初めての投票は一番乗り [育児]

昨日は衆議院議員選挙と市議会議員選挙の日でした。
今回は、今年18歳になったばかりの娘にも選挙権が与えられた、初めての選挙です。

せっかくなので朝早く娘をたたき起こし、朝一番で投票に連れて行きました。
本当は少し待つくらいに着くように出かけるつもりでしたが、日曜日とあって家族の皆さんのエンジンがかからず、思いのほか出発に手間がかかり、結局3~4分遅れで到着しました。

都会の投票所では一番乗りは競争、と言いますが。
もう誰か入っちゃったかなー…。
恐る恐るのぞいてみると、まだ誰もいない様子。
やった!!!



ちなみに、何で一番を狙ったかというと。
ただ単に一番が気持ちがいいから、というわけではありません。
実は、投票所に一番に行くと、面白いイベントがあるんです。
それは…。



「零票確認(れいひょうかくにん)」

普通、投票箱というと鍵がかけられているものですが、朝一番ではまだ鍵がかかっていません。
まず最初に投票する人が、箱の中が空であることを確認する、零票確認という儀式があるのです。
最初の人が空を確認してから投票箱に鍵がかけられて、ようやく投票が始まります。

零票確認は何人で確認するとか、確認した人が書類に署名して掲示されるとか、記念品がもらえるとか。
選挙区や自治体や投票所によって少し異なるところもあるようですが、ウチの近所の投票所では、一番目と二番目の人と立会人で零票確認することになっています。
今回は、娘を一番、おばぁを二番目に譲り、ワタシは三番目にしました。

ワタシも昔、一度だけ零票確認したことがあります。
ちょうどワタシが立会人を仰せつかった時で、その時は最初の人が一人だけだったので「二番目の人が来るまで少々お待ちください」なんてことになりましたね。



娘は生まれて初めての投票。
零票確認も良い経験になったことでしょう。
これから大学生や社会人になっても、棄権することなく必ず投票に行くようになってほしいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

閉校、閉校、また閉校 [育児]

IMG_3137.JPG

先日、息子の中学校で最後の運動会がありました。
そうです。最後の…。
息子の最後、ではなく、学校最後の、です。
実は、息子の通う中学校は、統合のため、今年度で閉校になります。

「統合のため閉校」

あー…昔よく聞いた言葉だよ。



思えば、近所の保育園が閉園になったのが2005年。
閉園当時、上の娘が年中さん。
統合した新しい保育園へ年長さんとして入りました。
娘が新しい園へ通ったのは1年間だけでした。

それから6年後の2011年。
今度は小学校が統合のため、閉校になりました。
その当時は、上の娘が5年生。下の息子が1年生。
新しい小学校へは、6年生と2年生からでした。
ここでも、娘が新しい学校へ通ったのは1年間だけ。

そしてさらに7年後の、来年2018年。
今度は、中学校が統合により閉校になります。
写真のとおり、校舎はまだ新しいんですけどね。
娘はもう卒業していますが、息子はただいま2年生。
来年は統合した中学校の3年生となります。
息子が新しい中学校に通うのは、またもや1年間だけです。

ウチの子供たちは、どこへ行っても統合と閉校に追いかけ回されるようです。
新しい校舎で良いじゃん、という見方もありますが、それよりもメンタル的な問題が心配なんです。親としては。
特に今回は高校受験の年。
環境が激変するのについていけるのだろうか?

家から学校までの距離が遠くなる、ということはまず手始め。
それよりなにより。
校舎も校章も校歌も教育目標も、制服も体操着も、そしておそらくほとんどの先生も変わってしまう。
新しい学校ともなればいろいろな行事も初めての開催なわけで、最上級生は準備やら段取りやらを、先生方と手探りで行うことになるはず。
受験生なのに大丈夫か…。うーむ。

今まで息子は、1年生、2年生と続けて学級委員長をやって(やらせられて?)きました。
来年新しい学校では人数が多くクラスも増えるため、経験者としてまた学級委員長をさせられるんじゃないかと、ワタシ的にはそんな予感がしています。
受験生なのに大丈夫か…。うーむ、うーむ。

こうなったら3年間とも委員長をやって、国立推薦狙いという手もありか?



関連記事:
 2005/03/02 『毎日がたまごやき
 2005/03/28 『さよならぼくたちのほいくえん
 2010/12/03 『爆笑玉入れ
 2010/12/03 『閉校記念
 2011/03/25 『さよなら。そして、ありがとう
 2011/11/13 『廃校舎と思い出
 2011/12/05 『廃校 Before After


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:育児

合格祈願 [育児]

今まで何度か登山記事を書いてきました。

・下見登山 『故障続きの夏2
・足慣らし1回目 『ムサシ登る
・足慣らし2回目 『ムサシ、ふたたび

そして、いよいよ本番です。
すべてはこの日のため。
今回は、前日に近くの神社でご祈祷した合格祈願の柱を持っての登山となります。
ま、実際に柱を運ぶのは体力に自信のある方々なので、ワタシはついて登るだけなんですけどね(汗)。
問題のないように、以下、すべて人物抜きの写真で失礼します…。



前日に台風15号が本州をかすめて行ったので、天候が心配でした。
でも、当日は朝からいい天気で、湿度も低く、寒いくらいの朝となりました。

最終的には、いろいろな人からの助言や、今までの数少ない経験から、以下のようにしました。

・下りでは足がトレッキングシューズ内で遊ぶので靴下を2枚履く。
・汗をかく方なので水分を多めに持つ。
・おにぎりの他にアミノ酸入りゼリーを多く持っていく。
・脳貧血を起こしやすいのでスポーツタイツを履く。
・ザックを下ろさずに水分補給できるように、ペットボトルケースをザックの肩紐につける。
・ストックは2本持つ。
・岩場の登り用に滑り止め加工付き軍手を持つ。


準備万端で挑んだ結果…。

IMG_3106.jpg

いやぁ〜、ばっちりでした!
グループの先頭が結構歩きなれたかただったこと。
湿度が低く下見登山の時のように蒸し暑くなかったこと。
いろいろと要因があるとは思いますが、今までの登山とは比べ物にならないほど、身体は楽でした。
数少ない足慣らし登山も少しは効いているかもしれません。

今回は、登りからもう、周りの景色を楽しんだり、写真を撮ったりするほどの余裕がありました。
とても楽しかったです。

IMG_3119.jpg
(クリックで拡大)

この本番の登山は、合格祈願が主たる目的。
参加者は、受験生とその保護者、学校の先生と、総勢200名となりました。
毎年のことですが、あんまり多いので一般の登山客には迷惑をかけますね。
足場の悪いところで登り降りがすれ違う際などは渋滞を起こします。

「今日は何ですか?」
「皆さん何の団体ですか?」

そんな感じで聞いてくる人も多かったです。
今年の一般登山客は我慢強い方が多かったのか、大きな混乱はありませんでした。
ただ、過去には怒鳴られたなんてこともあったそうです。

「学校行事なら平日にやれ〜っ!(怒)」

ま、確かに一理ありますね。

IMG_3124.jpg

とにもかくにも、特に事故もなく、全員が無事に帰ってきました。
なんだかんだ言ってもそれが一番ですね。
良い合格祈願ができました。

登山の翌日からすでに、両腿に筋肉痛が出ています。
まだまだ若いということか?
それとも2週間前の足慣らし時の筋肉痛なのか?
微妙なところです(笑)。


タグ:登山
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児

オープンキャンパス。再びさらに西へ [育児]

3日間で2,000km弱を走ってきた後、1日置いてまた今度は西へ向かいます。
ここは春に行ってきたところ。
春はオープンキャンパスではなく、キャンパスツアーといって主な建物をめぐって紹介するという企画でした。
その時は夏のオープンキャンパスには予定がつかなくてあきらめていました。
が、夏になる前にいろいろ予定を組んでいくと、なんとか参加できそうだぞ?ということになり、少し大変ではありますがこの際オープンキャンパスに行ってみようとなりました。



前回はワタシと娘だけでしたが、今回はカミサンも息子も行きたいっとのことで、これまた家族旅行状態です。
折しもあの台風5号が通り過ぎた後。
西日本は結構大変な被害が報道されていたので、出発直前まで道路状況をネットで調べていました。
いろんなサイトを見てみると目的地までの道路には特に問題なさそう。
でも一応念のために予定を3時間ほど早めて、余裕を持って出かけることにしました。



途中のSAで朝食をとり大学近くまでは予定どおり。
さてどこか駐車場は空いてないかな?
空いてないかな?…空いて…ない…。まじか。
駐車場を探してあっちへこっちへウロウロ。
なんとか空きを見つけて停められました。ほっ。

予約した説明会は午後からなので、それまでは個人的にキャンパス内を散策。
春に来たことがあるワタシと娘が案内人です。

IMG_2979.jpg

この大学は本当に建物が素晴らしい。
どこの建物も趣があって、そして綺麗。

IMG_2984.jpg

綺麗なのは建物だけじゃなくて景色も素敵。

IMG_2992.jpg

高低差の大きいこの大学。
暑さも相まって、しばらく歩くと汗だくに。
そんな時は…生協に寄って土産物を物色〜。
いやぁ涼しい涼しい。

その後は学食でお昼を食べて。
午後からは学校説明会やら学部説明会に参加です。
会場では高校生を前詰めで座らせて、保護者等は後ろの方に分かれて座りました。

学校でも普段からそうなのですが、「何か質問は?」と聞かれると必ず手を挙げるウチの娘。
家族からは斬り込み隊長と呼ばれております(笑)。

「何か質問はありますか?」

きたきた。
手を挙げるぞ、手を挙げるぞ〜と、後ろの方から見ていると。

「はい」

キターーーーーッ!
やっぱりな〜(笑)。
今回は質問タイムだけでなく、説明会終了後にも教授陣を捕まえてはガンガン質問している娘でした。
何か琴線に触れるところがあったのかな?
ならばきた甲斐があったということだわ。よしよし。



そんな大質問大会が終わった後、ワタシと娘がもう一度見たいと思っていた場所、図書館へ。
勝手知ったる…と歩き出したは良いが、着いてみると何か違う…。
司書の方に聞いてみると違う図書館でした(汗)。
慌てて他の図書館に向かうも、また間違い(滝汗)。
よくよく場所を聞いてから再スタート。

高低差のあるキャンパスを上がったり下がったり。
いい加減カミサンがバテてきて、もう見なくても良いよ〜と弱気になるも、後もう少しだから〜!と励ましながら、なんとかこうとかお目当ての図書館に入ることができました。
写真に撮りたかったんですが、お勉強中の学生さんがいらしたので遠慮しましたけど、ここの大閲覧室、素晴らしいんです。
カミサンがグロッキーだったこともあり、大閲覧室の雰囲気に浸りながら、ここで小一時間休んでいました。

カミサンの顔に生気が戻ってきたところで、帰りましょうということに。
本来なら、これから美味しいものを食べに行く予定になっていたのですが、カミサンの体調もあり諦めました。
息子は最後まで行きたがってましたけど、また今度、ということで。
また今度があるのかないのか…。
それは娘次第ですね。



さてさて帰ってみると。

IMG_2998.jpg

走行距離は1,300kmとなりました。
先日の北紀行と合わせると、なんと3,300km。
あいだ1日インターバルがあるので、正味4日間で3,300kmですから、1日の走行距離は平均825km。
いや〜、よく走りましたね〜。
これでもかってくらい走りましたね。

せっかくの遠出なのに景色も観光もほとんどなし。
車中では家族のみんなは寝てばかり。
それでも。
とりあえずクルマを運転してたら機嫌がいい、というクルマバカなワタシ。
個人的にはとっても楽しい1週間でした。

今度は観光で長距離走りたいです。
ただ順調に行けば、来年から娘は一人暮らしだし、再来年は息子も寮暮らしになるはず。
もう家族そろって出かけることはないかもね(泣)。
さびしくなります。

そんなこんなで、最初で最後の家族旅行、として記事に残しておきます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:育児
人気ブログランキングへ