So-net無料ブログ作成
思ひ出ぽろぽろ ブログトップ
前の10件 | -

ものづくりがしたい [思ひ出ぽろぽろ]

就活で広告会社を希望していた学生が、メーカーで働く父親の話を聞くうち、ものづくりに目覚めていったという話。

ものづくりがしたい

ものづくりの企業で働くワタシとしては涙ちょちょぎれるお話ではあります。
とはいえ、今は事務職。
昔のように設計開発をバリバリやってた頃とは違います。
はっきり言って今の業務で胸を張って熱く語るところはありませんね。
この話のように娘に熱く語れる父親が羨ましいです。

PAK85_kikaihandle20141028182041_TP_V.jpg
写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)


ワタシがものづくりに直接携わった最後と言えば。
今からもう20年も前の話。
障害者のためのあるものを作る装置。
当時の社長が自己満足というか道楽というかで始めた開発。
ウチの工場がメインで作っているものとは大きく異なる、まったく畑違いの製品でした。

営業や企画からは切り離されてましたから、いわば社長直属です。
社会貢献活動のようなものでもあり、ボランティアというか採算度外視で、コストよりも機能や使いやすさを重視して、社長一人を了承させれば好き勝手に進めることができた、技術者としてはとても恵まれた環境でした。

おかげで点字についていろいろと学んだり。
その当時は点字を「目で」読めるくらいにはなってましたね。
今でも簡単な単語や文章なら読めたり読めなかったり。
残念ながら触って読めるほどにはなれませんでした。

PAKSS00060_TP_V.jpg
写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)


その後社長も亡くなり、その装置も数台製造した後は、後継機種を開発することはありませんでした。
ワタシも一線を退いちゃったし。
それでも毎年この時期になると、市の福祉課をとおして障害者の方に、あるものをお配りしています。
ワタシが開発した装置で作ったあるもの。
それを書いちゃうと簡単に特定されるので書きませんが。

たまに点字でお礼の手紙をいただいたりもします。
ありがたく、なつかしく、くすぐったい。
その時だけは、自分がまだものづくりに携わっている技術者な気がします。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Google元暗し [思ひ出ぽろぽろ]

もう2年も前で、今更な話なんですが。
そうそうできない体験だったので思い出として記事にしておきます。



仕事の関係でGoogleJapan本社に行きました。
ご存知、六本木ヒルズの森タワーです。

IMG_0136.jpg

Googleに行くなんて、どんな仕事してるの?と思われそうですが、まぁ大した用事ではありませんでした。
当時結構アップアップ状態で仕事してたもんだから、フツーに仕事で行くフツーの会社のつもりで、フツーの格好(クタビレタスーツにボロコート)で行ったんです。
2月でしたからこちらは大雪。
さすがに長靴は履いて行きませんでしたけど、あまり服装とかに気持ちが行かなかったこともまた事実。

IMG_0131.jpg
ヒルズを訪れた田舎者を迎えてくれたのは、なぜか巨大なクモのオブジェ…。
なぜにクモ?

それでもなんでも、東京のど真ん中。
腐っても(腐ってないが)六本木ヒルズです。
オサレなトレンディドラマの舞台になるような場所。
新潟と東京の気温差だけではない、別の理由で大汗をかきながら、厳重な受付の前に立ったのでした。



超高速なエレベーターに乗り、27階で降りるとお相手が迎えに来てくれました。
よかったです。これお迎えがなければ完全に迷子です。
何て言うか、フロアがめっちゃ無機質なんです。
飾り気がない、と言うか、シンプルと言うか。通路に何にもない。
掲示物なんてまったくないし10歩あるいた景色と100歩あるいた景色がまったく同じw。
廊下の曲がり角で、振り返った景色と曲がった先の景色が、これまた同じw。

「今火事になったら絶対逃げ遅れるな…」

マジでそう思いました。
トイレに行く時には、本気で歩数を数えましたもん。

GoogleJapan本社こそStreetViewが必要でしょ!
灯台元暗し、ってこのことですね。



そうそう。
あるフロアの一角に、StreetView用の撮影カメラや、GoogleMapを全方位で体感できるマルチモニターみたいなのが展示されてました。
Googleって、もっと人がワイワイしてて活気があるのかと思ってましたが、廊下の人通りは少なく、ひっそりとしてました。
階やフロアにもよるんでしょうケドね…。

IMG_0150.jpg

以上。
もう二度と入ることのない(であろう)GoogleJapan本社の潜入レポでした(笑)。

IMG_0151.jpg


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

しろいふわふわ [思ひ出ぽろぽろ]

初めて会った女の子から聞いた、ちょっと変な話です。

今からウン十年前。
カミサンと出会うずっと前です。
だから時効ってことで…。
…何が?(汗)



会社の先輩が、彼女のいないワタシを心配して、ある悪巧みをしました。

「泊まりがけでテニスに行くんだけど人数が足りなくて…。頼むよ」

どちらかと言うとテニスよりバトミントンなワタシでしたが、先輩の頼みだからしょうがない。
しぶしぶ同行することになりました。

待ち合わせ場所に行ってみると、メンバーは…。
先輩夫婦と、その知り合いの夫婦が一組。そして独身女性が一人。
うゎやられた。はめられたっ!と思ったものの、あとのまつり。
あきらめて、車中の人となりました。

先輩夫婦以外は初対面のワタシ。
でまあ、いろんな話をする訳です。
周りからは意図的に独身二人の話題が持ち出されて、かなり閉口しましたが。
その中でちょっと驚きの話が、彼女の口から出たのです。

「GEN11さんってどこに住んでるの?」

「○○町の△△ってところ」

「そうなんだ。じゃあ□□と言うとこと違うんだね」

「いや…、そこです(驚)」

それは確かにワタシが住んでいる所。
しかしその呼び方は、地元の人間、それも古い人間しか呼ばない、訛った呼び方でした。

「何でそんな呼び方知ってるの?」

「へぇ、やっぱりそうなんだ。実はね…」

彼女の話はこんな話でした。



昨日の夜、眠っていると、何だか部屋がうるさい。
ガヤガヤと人の声がするので目が覚めた。
すると、部屋の中に、白いふわふわしたものがたくさん浮かんでいる。
何だかそれらがしゃべっているみたいだった。
不思議と怖さは感じなくて、彼女はその白いふわふわに、何をしてるのか聞いてみた。
すると、その白いふわふわは、

「□□からおまえを見に来たのだ」

と言ったのだそうです。
彼女が耳にした地名は初めて聞くものでしたが、なぜか頭に残っていて、朝になって目が覚めた後、両親などに聞いてみたが誰も知らなかった…。ということでした。



その話を聞いて、ワタシは思い当たることがありました。
もうすでに亡くなっていた父方のおばあさんが、やたら話し好きで賑やかな人だったこと。
もしかして、ご先祖様たちがワタシの婚期を心配して、相手を見に来たのでしょうか。

しかしその彼女とはそれっきり何も無く…。
いやその時「も」何も無かったってば〜っ(爆)!
…以来、会うこともなく時は流れていきました。
ということは、彼女はご先祖様たちの眼鏡にかなわなかった、ということなのかもしれません。



カミサンにこの話をしたら…。

「ワタシの所には来なかったよ」

「ど〜せ霊感ないよワタシは」

…スミマセン(汗)。
ま、この組み合わせには、ご先祖様は心配しなかった、ということで。



暴露記事:
2009/12/04「交換雑誌
2009/12/07「唐変木1
2009/12/08「唐変木2
2009/12/09「唐変木3

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

唐変木3 [思ひ出ぽろぽろ]

唐変木1』と『唐変木2』の続きです。



明けて月曜日。
またまた美術室の入り口でおせっかいがおいでおいでをする。

「聞いたよ。デートしたんだって?」

げっ、何で知ってるの?
あっそうか彼女がしゃべったんだ。
初デートで話した内容の一言一句をみんな知っているわよ、とでもいうような光を放つ、おせっかいの目を見ながら、女の子ってなんておしゃべりなんだろうと感じて、また少しがっかり。
二人だけの秘密とまでは言わないけども、何だかちょっと裏切られた気分でした。

「電話くらいしてあげなよねぇ♡」

おせっかいはそう言うと、ワタシに電話番号を書いたメモを渡して去っていきました。
はぁ、付き合うってのは、そういうもんですか…。




とりあえずその日の夜。
晩ご飯を食べた後、家族の隙をみて、彼女に電話をかけてみました。

「もしもし」

出たのは父親(汗)。
しゃーない。ここはハラをくくるしかない。

「夜分遅くすみません。ワタシ○×高校のGEN11と言います。ボブ子さん(仮名)はいらっしゃいますか?」

「…今お風呂に入っています」

娘に電話を取りつがないための口実か、それとも本当にお風呂に入っているのか、微妙な雰囲気。
どうしよう…。
一瞬躊躇したワタシでしたが、結局は引き下がるしかないと判断。

「それでは電話があったことだけ伝えて下さい」

ま、とりあえず電話はした。これで文句は無いだろう。…誰が?
受話器を置いたワタシの手のひらには汗がびっしょりでした。
はぁ…、オレって何やってるんだろ?




次の日、いつものように美術室の窓から外を見ていると。
パーマをかけた彼女が、渡り廊下を友達と笑いながら歩いているのが見えました。

「電話があったことは、知らないんだろうな」

と思いました。
そりゃそうだろうな、とも思いましたが。

ワタシの前ではいつも、はにかんだような顔をしていた彼女。
髪型の変わった渡り廊下の彼女は、はじけるような笑顔をみせて、まるで別人のようでした。
でも、ワタシはボブの方が好きだった。
ここで初めて、あぁあの時「パーマはやめとけ」って言えば良かったんだ、と気づきました(汗)。
遅い、あまりにも遅すぎです。

初めて見る彼女の屈託のない笑顔と、それをただ見つめるだけのワタシ…。
なぜかこの時、裏切られたような、悔しいような、寂しいような、そんな気持ちを感じました。
そして、口の中に広がった苦々しいものを噛み締めながら、いつまでも彼女の姿を目で追い続けているワタシでした。

「もういやだ…」

やっぱり女の子と付き合うのって面倒くさい。
彼女に対する気持ちが一瞬で引いていくのがわかりました。
そしてその後、あんなに一生懸命だったおせっかいが、なぜかぱったり美術室に来なくなったこともあり、それ以来、彼女と話をすることは一度もなく、卒業を迎えたのでした。




一ヶ月にもみたない、ワタシと彼女の恋愛ごっこ。
そう、ごっこ…。
恋愛などと言うには、まだまだワタシには早すぎた。
今考えると、子供だったんだなとつくづく思います(汗)。
彼女には、辛い思いや悲しい思いをさせたんでしょうね。
どれだけ彼女を傷つけたんだろうか?と今になってよく考えます。
でも当時は自分のことだけで、彼女の気持ちなんて考えていなかった気がします。
自分が嫌い、と言っていたわりには、自分本位でしかないワタシ。
なんてオバカだったんでしょう。

きっとワタシみたいな、こんなヤツを「唐変木」って言うんですね。



〜 完 〜

ドラマチックな展開も無くてすみません(爆)。
結局何を書きたかったのか、よくわからんようになってしまいましたが、せつなさの奥にしまい込んであった、ワタシの初デートにまつわるお話でした。

タグ:彼女 暴露
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

唐変木2 [思ひ出ぽろぽろ]

唐変木1』からの続きです。



「優しそうだから…」

うつむいたままぽつりと言う彼女。
優しそうって…。

「何でオレのこと知ってんの?」

失礼ですが、ワタシあなたのこと知りません。
いや、同じ学校、同じ学年ですから、どこかで顔を合わせてはいるのでしょうが。
う〜ん、ごめん、記憶に残ってない(汗)。

「部室とか渡り廊下からいつも見てたから…」

美術室は2階。そして写真部の部室は隣の校舎の1階です。
確かに部室から見上げると美術室でたむろっているワタシたちが見える。
言われてみれば、美術室の窓から見下ろしている時に、いつも渡り廊下に女の子の影が一つ二つあったような…。

何だかこっそり監視されていたような気がして、ちょっといやな気持ちがわいてきました。
そんなこんなで、質問が尋問口調になりかけてきたところで、たまらずおせっかいが助け舟をだしました。

「ま、そういうことだから〜」

おせっかいに引きずられるようにして階段を駆け下りていく彼女。
後に残され、呆然とするワタシ。

…さて困った。
突然知らない女の子から告白されても、何をどうしていいものやら。
ワタシの頭の中には、異性とのお付き合いというイメージが、まだまだ想像できませんでした。
ワタシはバイク通学なので、連れ立って帰るなんてこともできず。

そんなこんなで2週間(汗)ほど経ったある日。
また美術室でボーッとしていると、あのおせっかいがやってきて、おいでおいでをする。

「何かさ、デートにでも誘ってあげたら?」

いや〜。
んなこと言われてもなぁ。
田舎高校生のデートって何?
何があるの?

ああそういや、今度の土曜日に他校の美術部の展覧会があるんだった。
女の子と付き合うのって面倒くさいんだなぁと思いつつ、彼女を呼び出して予定を立てました。




そしてやってきた土曜日。
待ち合わせの駅で落ち合い、会場までぶらぶらと並んで歩きます。
今となっては何を話したかさっぱり憶えていませんが(汗)。
多分、写真部に入った動機とか、カメラは何を使ってるのかとか、被写体は何を撮るのかとか、当たり障りのないことだったような気がします。
使っているカメラは父親の一眼レフという話で、へぇお金持ちなんだなと思った記憶があります。

展覧会は他校のとはいえ美術部主催なので、ちょっとは知った顔があります。
にわか女連れ(笑)のワタシは、みんなの好奇な視線を感じつつ、恥ずかしさと嬉しさと誇らしさ?みたいなものが混ぜこぜになった初デートでした。

会場を出た後は、喫茶店(田舎ですから喫茶店と食堂を足して2で割ったようなお店です)でコーヒーを飲みました。
とりとめのないことを話した後、駅まで送る途中に、彼女がポツリ。

「明日パーマかけてみようと思ってるんだけど…」

「ふーん」

心の中では「え〜?」と思ったものの、初デートで「オレ、パーマ嫌いなんだけど」とか「今のままが良いよ」とか言えるほど、厚かましくはありませんでした。
今になって思うと、彼女はワタシの好みを聞きたかったのかもしれません。
でもその時のワタシは、本人がそうしたいなら他人がとやかくいうことではない、と思いましたし、彼氏も彼女も対等であるべき、みたいなこだわりもあったように思います。

「オレの」彼女という認識は全然なかったですね(汗)。



続く…。
まだかよ(爆)。
タグ:彼女 暴露
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

唐変木1 [思ひ出ぽろぽろ]

まぁそういう訳で(汗)。
前回の記事のカミングアウトついでに、懐かしい話をもう少し書きます。



ワタシに初めて彼女ができたのは高校3年生の時。

当時ワタシは美術部の部長をしておりました。
部員不足で一時期廃部になっていた美術部でしたが、高校2年生の時に顧問の先生に頼まれて(笑)、友達数人を引き込んで美術部を再結成しました。
確かそのお礼は、茶店のコーヒー1杯だったような…。

まぁそんなもんなので、活動といっても特に何をするわけでもなく、たまに適当に絵を描いては文化祭で展示するくらいでした。
適当とはいえ一応部長なもんですから、展示の目玉として、100号くらいの油絵なんかを描いたりもしましたよ。
100号ってデカイですよ、たたみ一畳より大きいんですから。
描いていると先生がいろいろ注文をつけてくるんですが、あの時は絵の具がもったいなくてもったいなくて(笑)、自分でも本気じゃないことを再認識しましたね。
後は、視聴覚教室のテレビでアニメを観たり、冬になるとストーブで餅を焼いて食べたり、そんなだらけた部活動ではありました。



さて、放課後いつものように美術室でだらけていると、廊下に人影が…。
見ると写真部の女の子がおいでおいでをしています。
何だろうと思ってついていくと、階段に、同じ写真部の女の子がもう一人。
少しポッチャリ系ではありますが、ボブ(今もあるのかな?)の似合う可愛い女の子でした。

どこにもいる「おせっかいな友達」の言うことには、もう一人のその子がワタシのことを好きだ…と…。
当時から、基本的に自分が嫌いだったワタシは、思わず聞き返してしまいました。

「ホント?、オレでいいの?」

おせっかいの話を聞いたその時は、その娘の本命はワタシの友達で、実はワタシを通して気持ちを伝えて欲しいという、恋愛ものでよくありそうなオチを想像してしまいました。
今思うと、そこまできてて、そんな質問も何だかオマヌケです。

「あいつとか、あいつとか、あいつだっていいやつだよ?」

ほんとどこまでもオマヌケなワタシ(汗)。

「GEN11さんがいいの…」

「え〜?何で?」

「優しそうだから…」

ペラペラとしゃべりまくっていた、おせっかいのクチをさえぎって、その娘はポツリポツリと、しかしはっきりと断言したのでした。

え〜、面倒くせーなー…。

オクテだったのか子供だったのか、当時まだ色恋沙汰に興味が無かったワタシ。
その時は、その娘に対して、マジでそう思ったのでした。



つづく…(爆)

タグ:彼女 暴露
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

交換雑誌 [思ひ出ぽろぽろ]

科学と学習。
なんと懐かしい響き(笑)。

先日ニュースを見ていたら、休刊ですって。
子供が少ないから?Webの影響?うーんどうなんでしょうね。
そんな話題を聞いていて昔を少し思い出しました。




ワタシが中学生の時に好きだった娘。
それは、痩せっぽちでショートカットが良く似合う女の子でした。
ソバカスが少しあって、ちょうど「赤毛のアン」を黒髪のショートにしたイメージ。
外見だけじゃなく、性格も活発でハキハキとしてて、その頃からワタシの中では赤毛のアンでした。

ただ、アンほど胸は大きくなくて(汗)。
中学生ですから、しょっちゅう男子にからかわれるわけです。
「ガリガリ」とか「ペチャパイ」とか…。
今ならセクハラですね(笑)。
でも彼女はその度に

「いいよだ。胸の大きさと頭の良さは反比例するんだから」

と切り返していました。
実際、頭の良い子でしたが、全然イヤミにならないという、さっぱりした気性で、同性からも異性からも、みんなに好かれる女の子でした。
ワタシもその娘も理数系が得意で、数学や理科の時間になると、先生の間違いに、二人共同で突っ込みを入れては、いつも怒られていましたね。



その頃、学年には、いわゆる「マドンナ」的な女の子もいました。
こちらはスポーツも得意な可愛い娘です。
洋画とかが好きで、その娘からはよく「ロードショー」とかいう雑誌を見せてもらったりしてました。
今となっては何でかわからないけど、お互いの家を行き来することがあって、マドンナの部屋で彼女のベッドに寝転んで本を読んだりしたこともありました。

そんなこともあり同級生たちには、GEN11が好きなのはマドンナだ、というようにいつしか思い込まれてしまっていました。
ワタシもそれをあえて否定もしませんでしたし。

しかしマドンナがワタシを好いていないことを、ワタシは知っていました。
そしてマドンナもまた、ワタシが本当に好きな娘が自分ではないことも知っていたと思います。





ワタシの隠れた片思いの相手。
中学生の3年間、誰にも言わず、誰にも気づかれなかったワタシの片思いの相手、赤毛のアン。
片思いとはいえども、3年間二人の間でずっと続いていた儀式がありました。

それは「交換雑誌」。

当時、「中○コース」「中○時代」という雑誌がありました。
中学一年生なら「中一コース」「中一時代」といったように、学年に合わせて読む雑誌でした。
中学生版の「科学と学習」みたいなもんですね。

ワタシは「コース」を、赤毛のアンは「時代」をそれぞれ買っていました。
そしてその3年間、ワタシたちはお互いの雑誌を交換して読み合っていたのです。
ははは、誰も知らない二人の「ヒ・ミ・ツ、うふっ」(爆)






…それだけ?
はい、それだけですが何か?

いいんですっ。
その頃のワタシは、それだけで充分嬉しかったのです。
ワタシだって昔はウブで可愛かったのだ(爆)。

タグ:彼女 暴露
nice!(3)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうせ見ないからイイけど [思ひ出ぽろぽろ]

ぽむさんところで知りました。
「実写版 宇宙戦艦ヤマト」ですってよ。

コメントを書いていたのですが、あんまりヒートアップしてしまったので、気が引けて送信やめました…(汗)。
ま、せっかく書いたので一応ココにおいておきます。




————— ここから
ワタシもTV放映のリアル世代です。
ワタシにとってみれば、アニメの映画版ですら散々裏切られてきた想い出ですので、今となってはもう何でもあり…かな、と。
とりあえずキムタクいっとけばいいだろ、みたいなニオイがプンプンしてますね。
今回もまた西崎pがからんでいるのでしょうか?(爆)
ワタシ的には伊武さんだけにはこんな映画出てほしくないですけどね。

いっそのことハリウッド映画にして「宇宙戦艦アリゾナ」とかにしたら〜。
ハアハア…。
すみません、ついアツくなってしまいました。
————— ここまで





あ〜ぁ、松本零士もナニ血迷ったんだか。
歳とって西崎pとのこと忘れたんかね。

まさかとは思うけどコレはやらないよね。
999.jpg
車掌役は女性!とか言って?
勘弁してくれ〜。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そういや今月って [思ひ出ぽろぽろ]

西暦2008年7月
人類は絶滅の危機に直面していた

核兵器を遥かに上回る超磁力兵器は
世界の半分を一瞬にして消滅させてしまった

地球は大地殻変動に襲われ
地軸はねじ曲がり
5つの大陸はことごとく引き裂かれ
海に沈んでしまった
konan.jpg

「今月は西暦2008年7月…」
ん?何か昔聞いたようなフレーズだなぁ。
…ふと思い出しました。

未来少年コナンの物語の前提となる世界的な戦争が起きる月じゃないですか。

それにしても伊武さんのナレーション、渋かったなぁ。
ウチには未来少年コナンのビデオが全話残ってます。
ベータマックスで(爆)。←若い人にはわからん話

その上、デッキもまだ動くってのが、これまたスゴいです。
SONYがタイマーをセットし忘れたのだと思われ(笑)。←さらに一般の人にはわからん話


2008年7月23日追記:
科学の進歩は思ったより遅いのかな?
でもこれは早く実用化されてほしいかも。
関連記事:「究極の乗り物
nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

記憶に残る夢 [思ひ出ぽろぽろ]

akio_no_s30zさんの「記憶に残る夢」を拝見しました。
私も同じように、何度も見る夢があります。
なぜかここ最近は見なくなってしまいましたが。

私の場合は、怖い夢でもなんでもありません。
ただ単に「飛ぶだけ」の夢。
景色の変化も登場人物も何もない、ひたすら飛ぶだけの夢です。

場所は海の上。
大体海面から1〜2mくらいのすれすれのところを、腹ばいで気をつけの姿勢で飛んで行きます。
頭は上げてないので、目の前は一面の海。
夜なので真っ暗です。
ただ、天気はいいらしく(腹ばいで空は見えません)、月や星の明かりが海面に映ってキラキラしています。
目の前にそれを見ながら、猛スピードでただただ延々と飛んでいる夢。
寒くもなく、暑くもなく、音もなく、匂いもない。
風というほどではありませんが、かすかに空気の移動感を感じるだけ。

こう書くと、気持ち良さそうですが、爽快感はまったくありません。
目の前は海面なので、開放感もありません。
あふれてくるのは「疑問」だけ。
「どこへ行くんだろう」
「何が見えるんだろう」
「いつまで続くんだろう」
「なぜこんな夢を見るんだろう」

飛ぶように流れていく輝く海面は、刺すような冷たい美しさを放っています。
そんな美しさにつつまれながら、感じるのは「不安」だけ。
…そんな夢です。

「こんな低空で、船や山にぶつかったりしないんだろうか」
と考える時、なぜか「大丈夫」なことを感じます。
ところがたまに、その疑問が恐怖に変わることもあります。
どんどん山が近づいてくる気配を感じて、だんだんドキドキしてきます。
そしてそのドキドキが頂点に達し、汗びっしょりで飛び起きる、そんなこともありました。

でも大体が何事もなく飛んでいくだけの、それだけの夢です。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 思ひ出ぽろぽろ ブログトップ
人気ブログランキングへ