So-net無料ブログ作成
検索選択

クリーンインストールがクリーンじゃなかった件 #obt [パソコン]



このPC。
訳あってWindows7Proへのダウングレードだったんですが。
これまた訳あって早速元のWindows10に入れなおすことに相成りました。

Windows10のクリーンインストールは例の無償アップグレードの時に何度かやってたので簡単に考えていましたら、やっぱりそうはMicrosoftは卸さない。
またまた今回もはまってます…。


そもそも起動時の画面が違う。
いつからこうなった?

言語選択。
日本語、何ページもある中の一番最後だし。
IMG_2462.jpg

キーボードの選択。
これまた日本語、何ページもある中の一番最後。
IMG_2460.jpg
日本って、どんだけクソな扱い?

そして続行…いや待て。
IMG_2461.jpg
Windows7に進む…って。
だからWindows10をクリーンインストールしたいんですが。
(Windows10のインストールメディアを使用しててこれですもの)

ちなみに続行してみると。
IMG_2463.jpg
…問題が発生しました。
そうでしょうともさ。


いろいろググってみると、正解は「トラブルシューティング」に進み、そこから「PCの回復」を選ぶらしい。
回復???
クリーンインストールしたいんだけど?
なぜに回復?

クリーンインストール=回復
何語ですかそりは?

ま、日本語の扱いなんてそんなもんだろ。
ということで回復、開始。
ここまでで午前中が終了〜。
いつもありがとう、Microsoft。
引き続き午後も頑張るよ。

IMG_2465.jpg

ワタシのモチベーションも回復させてくれや!


雪下ろしの秘密兵器?準備万端 [今を生きる]

2月と言えば雪本番。
天気予報では雪だるま増し増し状態な毎日です。

雪が積もれば雪掘りなわけです。
屋根に積もれば雪下ろし。
でもそんな辛い作業の辛い気持ちを支えてくれます。
そう、iPhoneならね。

今までは普通のイヤホンを使っていましたが、雪下ろししているとケーブルが邪魔で邪魔で。
前々から欲しい欲しいと思っていたのをようやくポチりました。

IMG_2428.jpg

Bluetoothヘッドホン。
ま、安物だし、今や珍しくもなんともないですけどね。

これからはケーブルに引っ張られてイラっとさせられなくて済みそうです。
とりあえず音質とかはどうでもいい(笑)。
雪下ろしの時に邪魔にならなきゃ良いんです。
屋根の上なので安全が第一。

早速ペアリングしてみたらヘッドホンの表示が…。
バッテリーの残量も表示されるんですね。

IMG_2429.jpg

1日作業の場合は多分バッテリーは持たないでしょう。
お昼時とかにこまめに充電するしかないですね。

タグ:雪下ろし
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

俺もスキーに連れてけよ [育児]

最近除雪作業で生活がアップアップな状況です。
そんな中でも子供たちはアルペンスキー授業が始まる前に、足慣らしをしたいと言うわけです。
はぁ〜勘弁して…とか言いながらも、天気が良くなると自分が滑りたくてうずうず(笑)。

娘はもうじき志賀高原でスキー合宿。
そのため先月中にいつものところに行ってきました。
ただその日は息子のほうは部活があったため行けずじまい。
まぁ息子の学校は今年の授業では場所が違うとのことでしたので、様子見も含めて息子は後日改めてということになりました。



そしてようやくやってきた次の快晴。

IMG_2426.jpg

紺碧と言えるような深い青。
絶好のスキー日和です。
ちょうどクルマも修理が終わって帰ってきました。
せっかくスキーキャリアを付けてたのに使わないまま修理に行っちゃってガッカリでしたが、今シーズン初めて、ようやくスキーキャリアが使えます。

娘は模試があるので学校、カミサンは仕事でしたので、ワタシと息子の二人旅。
場所はこちら

最近名前が変わって、ワタシも初めての場所。
ゲレンデは広いんですが、駐車場が狭いのがイマイチ。
今回は雪掘りの関係で午後から出動したので近くの駐車場はもう満車。
国道を挟んだ反対側の駐車場からシャトルバスを使っての現地入りでした。

IMG_2427.jpg

あまり時間もなかったので、息子とは2〜3回一緒に滑り、最後は別れて好きなコースを滑らせてみました。
リフト乗り場で待つことしばし。
超スローボーゲンではありますが何とか一人で降りてきましたので、学校のスキー授業は問題ないでしょう。

ワタシのほうは、いつものところと比べるからか、時間が短かったからか、何となく物足りない感じでした。
あと何回滑りに行けるかなぁ?
せめて後1回、丸1日ヘトヘトになるまで滑りたいです。


タグ:スキー
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

自動運転の前にぜひ #appleclip #obt [車]

先日いつものようにポッドッキャストAppleCLIPを聞いてました。
Clip #282 緊急収録 CES2017 まとめてみた

野々下さんのレポート。
「自動運転車が最も苦手とするのが人間が運転する車だ」にびっくり。
「全部が自動運転車になれば完全に安全」とか。

はぁ〜そうですか。
技術的にはそんなところまで来てるんですね。
でもそういう「もうすぐ実現可能!」みたいなニュースを見ててワタシは思うんです。
それって極めて良好な環境条件なんじゃ?と

雨が降ったらどうなんでしょう?
霧が出たらどうなんでしょう?
雪が降ったらどうなんでしょう?
吹雪になったら?

この時期、雪国ではほとんど毎日雪が降っています。
道路の白線なんかまともに見えないし、路肩なんかどこだかわからない。
車線の半分くらいしか除雪してないことも。

自動運転をカメラだけで行うシステムとかも開発しているメーカーもあるようですが。
それだったらまずは視界を確保するための技術開発が必要でしょう。
雨や雪が降るたびに自動運転を解除されるようでは実用的とは言えません。
ただカタログだけのための使えないオプションが一つ増えるだけ。


それより先にやることはありませんか?
例えば…「ワイパー」なんてもう100年前から全然進化してません。
自動車メーカーはあんな原始的な機構でこれからの100年も続けるんでしょうか。

雪が降れば、ワイパーに氷の固まりがついて拭き取れなくなったり、ワイパーが寄せた雪が脇に固まって動作に支障が出たり…。

IMG_2423.jpg

みんな日常的に普通に困っているわけです。
まったくいつまでこんなものを使っているんでしょうね。
いいかげんこれを何とかしようというメーカーはないのでしょうか。

ぜひともAppleにはワイパーを再発明してもらいたいところです。


関連記事:
 2016/04/19 『自動運転が目指すもの
 2016/07/09 『自動運転の夜明け前


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

食券手動販売機 [今を生きる]

先日高速のSAに入ってビックリ。
久しぶりに入ったSAだったのですが。
食堂の自動販売機がないんです。



どうやって注文するのかというと…。

IMG_2382.JPG

メニュー全品の写真がボードにかけてあります。
まずそこから、食べたいものの写真を手に取ります。
それをレジに持っていって支払いをします。

すると、注文番号が入った食券を2枚もらえます。

食券の1枚を厨房に出します。
出来上がると注文番号で呼ばれます。
食券と品物を交換します。


いつごろからこんなシステムに変わったんだろう?
普通に自動販売機じゃダメなんだろうか?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シリンダーオンデマンド化Q5 [車]

さてさて。
暮れも押し迫った大晦日の夜。
正月の買い出しに出かけた時にそれは起こりました。


「ガタガタガタガタ…」

Q5のエンジンが低回転で振動するんです。
ちょうど1気筒が失火して3気筒で回ってる感じ。
でもしばらく走っているとフッとなおったり。
これが噂のシリンダーオンデマンド?(違うし:汗)


かぶり気味?と思って思い切り回転数上げてみたりしても、回転数が下がるとまた同じ。
だいたい1800rpmより下がった時になるようです。
でもならない時もある。

そうこうしているうちにEPC警告灯が点灯しました。
以前もEPCが点灯したことがありましたが、エンジンがガタガタするのは初めて。
お店に着いたこともありエンジンを止めてお買い物。
しばらくしてからエンジン起動すると今度は警告灯は点かない。
それでも、時たまガタガタするのは直らない。
年末でディーラーもお休みだし、取り合えず様子見で。


そして年が明けてQ5は修理に行き。
変わってやってきた代車がこれまたQ5。
ボディカラーも同じで、変わったのか変わってないのか…。
走行距離は2,000km。
またぁ、新車じゃん。

IMG_2400.JPG

オプション無しなので機能的には残念なんですが、モノが新しいだけあって乗り心地や操作性はカチッとしています。
ウィンカーなどのレバーや各種スイッチなんかも、まだ遊びがなくて、精密な感触がグッド。
エンジンやロードノイズも静かだし、乗り心地もブッシュ類が引き締まった感じで気持ち良い。
ウチのQ5も新車時はこんなに良かったっけ?
それとも個体差なんだろうか。
これでオプション付いてたら、このまま交換してほしいくらいです。

IMG_2403.JPG

後、せっかく雪が降ったのに、スキーキャリアが付いてない…。
付いてる時は雪がなくて、付いてない時には大雪。なんて。
ついてない。ガッカリです。

その後ディーラーから連絡があり原因が判明。
「チャコールキャニスター」とかいう部品が壊れていたのだそうで。
以前の「ししゃも」記事にあったように、アンダーカバーを外して乗ってたのが災いしました。
結局アンダーカバーも直す必要が出てきて、痛い出費になりそうです。
国内に部品在庫がなく、修理には2週間以上かかるとのこと。

こうなったらもう、借りた新車を乗りつぶすぞ〜っ。…嘘です


EPC警告灯関連記事:
 2015/04/03 『冷えすぎちゃってぇ困るのぉ〜

アンダーカバー関連記事:
 2014/02/10 『走るシシャモはおなかをこわす
 2014/02/10 『おなかをこわしたシシャモはたまごがいっぱい


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

いつもよりちっちゃいやつで海まで [車]

さて雪の話題も書いたことだし…。
溜めてたネタを吐き出しましょうか。
ここから何回か去年の話が続きますので悪しからず。



去年の暮でした。
カミサンのA3を1年点検に出しました。
出来上がるのが夕方ということで、代車を借りて久しぶりに海までひとっ走り。

IMG_2333.JPG

お借りした代車は新型Q3。
A3より背が高いので内部はちょっとゆったりしていて良い感じ。
ただワタシは通常Q5に乗っているので、どうしても比べてしまいます。

挙動がね…。
Q5と比べて挙動がせわしないんですよ。ぴょこぴょこと。
もう少し落ち着いてほしいかな。
小さいのでしょうがないって言えばしょうがないんですが。

IMG_2338.JPG

ヘッドライトとつながったフロントグリル。
Q3、Q5、Q7とも、新型はこのデザインですね。
ボディカラーが白だったのでフロントグリルが目立たなくて、違和感をあまり感じませんでした。
SUV系はこれに統一するんでしょう。
実は個人的には、このフロントデザイン、好きじゃないんです。
フロントグリルは独立しててほしいんだよなぁ。


ちょうど天気も良くて、久しぶりの海は気持ち良かったです。
車内で汗ばむくらいの陽気。
海の中にはサーファーが何人もいました。
とても12月後半の日本海とは思えませんでした(笑)。

IMG_2337.JPG


タグ:Audi Q3
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今年こそは [今を生きる]

早いもので1月もすでに終わりそうです。
年明けで最初の記事と言えばやはり「雪」ですか。
他にネタがないわけではないのですが、ご期待に応えてまずは雪で。

IMG_2362.JPG

大雪だという前振りで始まった今シーズン。
ところがどっこい予測に反して、12月中頃にちょこっと降っただけ。
気温も高かったのであっという間に溶けてしまい、積雪ゼロのお正月となりました。

IMG_2361.JPG

このまま春になるでも全然良かったのですが。
せっかく付けたスキーキャリアが、だんだん恥ずかしくなってきた頃。

IMG_2387.jpg

ついにやってきました、ドカ雪。
3日3晩降り続いた雪は一気に2mくらい積もりました(泣)。
少しずつ降ってくれれば良いものを、一度に降られると大変なんです。


折しもその週末は、娘の高校で学年PTAの会があり、雪掘りできず。
ようやく日曜日に始めたものの、従来の3回分の雪の量。
夜中11:30までかかったあげく終わらず。
平日を2日も休んで、何とか家が壊れない程度の除雪で良しとしました。
あーあ…。

IMG_2388.JPG

写真は他所のウチです。
屋根の端っこに人がいるのが見えるでしょうか。
身長と比べるとおよそ2mは積もっているのがわかります。
屋根の上で自分の身長より高い雪を下ろすってのはとっても大変なんですよ。

IMG_2409.jpg

大雪の年にはいつも記事にしていますが、積雪が1階の屋根に達する状況は、例年だと2月頃が普通。
今回はもう1月から。それも1回の雪下ろしで終了~。
こうなるとここからが大変なんですよ。
雪を下ろすだけじゃなくて、次の雪下ろしのスペースを空けておく作業が加わるんです。
これだけでも半日仕事。
もうヘロヘロです。



このままでは体力が持ちません。
今年こそは、井戸を掘って融雪屋根に変えてやるぅーーーっ。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ものづくりがしたい [思ひ出ぽろぽろ]

就活で広告会社を希望していた学生が、メーカーで働く父親の話を聞くうち、ものづくりに目覚めていったという話。

ものづくりがしたい

ものづくりの企業で働くワタシとしては涙ちょちょぎれるお話ではあります。
とはいえ、今は事務職。
昔のように設計開発をバリバリやってた頃とは違います。
はっきり言って今の業務で胸を張って熱く語るところはありませんね。
この話のように娘に熱く語れる父親が羨ましいです。

PAK85_kikaihandle20141028182041_TP_V.jpg
写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)


ワタシがものづくりに直接携わった最後と言えば。
今からもう20年も前の話。
障害者のためのあるものを作る装置。
当時の社長が自己満足というか道楽というかで始めた開発。
ウチの工場がメインで作っているものとは大きく異なる、まったく畑違いの製品でした。

営業や企画からは切り離されてましたから、いわば社長直属です。
社会貢献活動のようなものでもあり、ボランティアというか採算度外視で、コストよりも機能や使いやすさを重視して、社長一人を了承させれば好き勝手に進めることができた、技術者としてはとても恵まれた環境でした。

おかげで点字についていろいろと学んだり。
その当時は点字を「目で」読めるくらいにはなってましたね。
今でも簡単な単語や文章なら読めたり読めなかったり。
残念ながら触って読めるほどにはなれませんでした。

PAKSS00060_TP_V.jpg
写真素材ぱくたそ(www.pakutaso.com)


その後社長も亡くなり、その装置も数台製造した後は、後継機種を開発することはありませんでした。
ワタシも一線を退いちゃったし。
それでも毎年この時期になると、市の福祉課をとおして障害者の方に、あるものをお配りしています。
ワタシが開発した装置で作ったあるもの。
それを書いちゃうと簡単に特定されるので書きませんが。

たまに点字でお礼の手紙をいただいたりもします。
ありがたく、なつかしく、くすぐったい。
その時だけは、自分がまだものづくりに携わっている技術者な気がします。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

障害という言葉の向く先は [ちょっといい話]

先日、娘の高校で障害者の演奏会があったようです。
視覚障害のご夫婦や、同じく視覚障害の女の子が来て、演奏を聞かせてくれたとのこと。
素晴らしい演奏だったそうです。

最後に何か質問がありますか?ってことになって。
体育館がシーンっと静まる中、ウチの娘だけが手を挙げました。

「周りの人に何か気を付けてほしいことはありますか?」

そんな質問に対し、その方々は

「困っている様子だったり、危険だったりしたら、声をかけてほしい」

というように答えたそうです。
確かにそうです。
遠慮して遠くで見守るだけだったり、気を使って見て見ぬ振りをしてもらっても、障害者は嬉しくないんです。
当たり前と言えば当たり前ではありますが、普段何も不自由のない生活をしている学生たちに、この言葉は目からウロコだったようで、「障害者の気持ち」を想像する、良い機会だったでしょう。
そんな積み重ねで「思いやり」が育まれてくれれば、と思います。




障害者も最近は「障がい者」と書かれることが増えました。
あるいは子供を「子ども」とかね。
「部落」も差別用語だから「地区」とか「集落」と言う。

今回の演奏会で娘はそれを、差別をなくす良いことだと考えたようです。
でも、ワタシはこういう風潮がとても嫌いです。
呼び方や書き方を変えればそれでいいの?って思うんです。

呼ばれる側を思いやって、とか説明されても、違うだろって思います。
あれは、呼ぶ側の心理、なんです。
呼び方を変えることで、自分は配慮している、って安心したいんです。
そこには呼ばれる側への思いやりは何もありません。
障害者を障がい者と書いたところで障害者は誰も喜びません。

「害」という漢字が悪いイメージだから、とか言う人がいます。
でもそれは、その人が使う「障害」という言葉が、障害者その人、その部位を指しているからだと思います。
だから「かわいそう」とか思う。

そうじゃないんです。
「見えない目」が障害なんじゃない。
目が見えないことによって生じる様々な「不便なこと」が障害なんです。
道路の段差だったり、点字ブロック上の放置自転車だったり。

障害者の「障害」というのは、その人が社会生活を営む上で「社会に」何かしらの障害があるから。
社会との関わり合いに障害となるものがあるから。
だから「障害者」なんです。
「障害」という言葉は、人に向かっているんじゃなくて、社会に向いているんです。
「かわいそう」なんかじゃないんです。
「不便」なだけなんです。

だから「障害者」を「障がい者」と書くことが「配慮」だと思ったら大間違いです。
社会との間の障害なんだから「障害」で良いんです。

決して「障害」を人に向けて使ってはいけません。
それは「差別」以外、何も生みだしませんし、何も変わりません。



社会の至る所にある「障害」。
それは一つ一つどれも人間の知恵と努力で解決できるものだと思います。
別に制度がどうとかじゃなくても良いんです。
ちょっとした時にまわりがちょっとだけ手伝ったり、ほんの少し気を使うだけで良いんです。
声をかけたり、手を差し出したり。
それだけでいくつもの小さな障害を減らすことが出来ます。
そうやって少しずつでも障害が取り除かれていって、もしも障害のない社会が訪れたなら。
そうなったら、世界中から「障害者がいなくなる」んですよ。
…揚げ足を取られそうだから正確に書きましょうか。
「障害者という言葉に意味がなくなる」んです。

すごくないですか。
素晴らしい世の中になると思いませんか。
人はそういった努力をすべきだし、それをできるのが人間なんだと思います。
呼び方をどう変えたら自分が気楽か、なんて考えてるのはオカシイのです。



障害者の障害とは「社会との関わりに障害がある」から、という認識が少しでも広まると良いなと思います。
嬉しいことに最近はこのように考える人も増えていますよね。
良いことです。

娘にはそんな話をしました。
微力ですがこの記事をご覧になって「なるほど、そんな考え方もイイな」と思ってくれる人が一人でも増えたらうれしいです。
社会に存在する障害が一つでもなくなりますように。



最近目に入ったツイート。



昔からスターバックスの企業姿勢は素晴らしいですね。
ただ単に障害者を雇用しているだけじゃない。
スタッフ同士がお互い普通に助け合いながら接客しているところが素晴らしい。
ただただ普通なところが。




本当は障害者も健常者もないんですよね。
みんな社会の一員なんです。

なんて…。
久しぶりにblogタイトルにピッタリな記事だった?

img-arbelt-thum01.jpg
Starbucks Coffee Japan



nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感